玉川大学農学部 > 3学科の紹介 > 農学部にはどんな学科があるの?

農学部にはどんな学科があるの?

玉川大学農学部には、「生物資源学科」「生物環境システム学科」「生命化学科」の3学科 があります。

学には、応用科学という学問の性質上《どのように農業あるいは農業に関連した分野を捉えるのか》ということだけでなく、さらに視野を広げて《人類と自然環境の共生」をどのような視点で捉えるのか》という視点にもとづいて、さまざまな学びの切り口(つまり学科)が存在しています。

また、農学は現代バイオサイエンス・ライフサイエンスをリードし、その発展に大きく貢献し、私たちの生活を支えてきたことから、国公立・私立大学を含めて農学部あるいは農学系学部は数多くあり、学科の数に至っては種類も名称もそれこそ限りなく存在しています。

私たち玉川大学農学部の学科構成は、皆さんの将来の方向性を基本として「何でも」といういう多様性にもとづくのではなく、皆さんの社会に向けての「学びの出発点」としての構成を基本としました。「生命」「資源」「環境」をキーワードとして、『生物資源学科』『生物環境システム学科』および『生命化学科』で構成しています。

現代の農業・農業関連分野、あるいは私たち人類が抱えるさまざまな問題を学ぶための出発点として、「生物(生命)を生物学の目線で、大切な地球資源として追求する」というコンセプトの下に《生物資源学科》を、「生物(生命)を生態学や社会科学的目線を基に、ワイドな目線で追求する」というコンセプトで《生物環境システム学科》を、また、生物(生命)を化学のレベル、物質(分子)の目線で理解・追求する」というコンセプトで《生命化学科》を設置しました。

このページのトップへ戻る