玉川大学農学部 > 2017年4月 農学部が新しく生まれ変わります > 先端食農学科

先端食農学科 従来の農業の枠を越え、近未来の「食」を支える人になる!最先端の食料生産に興味があるキミはこの学科!

学びの特色

これからの「食」のあり方を考える!
「食」に直結する分野の研究を集約したのが『先端食農学科』です。未来の食料生産 技術や食品の機能、生産技術について、事業化も視野に入れながら取り組みます。実 験・実習などの体験を重視した学びで生命現象の理解を深めながら、安全安心で、機 能的にも優れた食品や食料生産システムの在り方を探究します。

学びの目標

Step up 学びの目標

先端食農学科の2領域

1 システム農学領域
閉鎖循環システムを用いた食料生産が大きなテーマです。すでに実績のある人工光(LED)型野菜工場「LED農園」での実習に加え、アワビなど海産物の陸上養殖研究も手掛けています。
キーワード:システム化食料生産 閉鎖循環型陸上養殖

システム農学領域 写真

2 食品科学領域
機能性食品や食品生産加工技術研究に注力。食品に新たな付加価値を生み出すことや、アレルギー物質の除去を可能にする食品生産、栄養管理技術などに取り組みます。
キーワード:食品栄養 機能性食品 食品加工

食品科学領域 写真

将来のフィールド

「食」に関わる多様なフィールドで活躍できる食品製造加工会社、農業施設会社、植物工場会社、水産加工会社、魚介類養殖会社、農業関係団体、農業生産法人、学校給食会社など

[主な取得可能な資格・免許]
□食品衛生管理者
□食品衛生監視員
□環境再生医(初級)
□環境エデュケーター
□学芸員 など

最先端の農学部の施設

LED農園
人間のコントロール下で制御された環境で、安全安心な 作物栽培を行う、食料生産の方法の1つが野菜工場です。天候に左右されず、また土地にも依存しない未来型農業の生産方法として期待されています。
こうしたニーズに応え、玉川大学では光源にLEDを用いた野菜工場「LED農園」をいち早く設置。LEDを太陽の代わりにした水耕栽培で、リーフレタスを生産、販売まで行い、新しい農業のビジネスモデルを提案します。

LED農園写真

Future Sci Tech Lab
Quantum Information & Plant Factory
植物工場研究施設・宇宙農場ラボ

植物工場研究施設では、都心のビルでも地下室でも作物が栽培できる新しい農業技術の開発をめざし、無農薬で安全な作物生産の実証実験を行っています。室内には多段式水耕栽培システムを設置し、植物栽培用に新しく開発したダイレクト水冷型ハイパワーLEDパネルを光源にして、レタス、サラダナ、イチゴ、トマトなどの栽培実験を進めています。また宇宙農場ラボでは、宇宙ステーションや惑星基地において作物を栽培できるシステム開発を行います。ここでは植物にとって擬似的な無重力状態を作り出す栽培装置や、減圧下での水耕栽培システムを設置し、仮想宇宙空間での作物栽培実験を行っています。

植物工場研究施設・宇宙農場ラボ写真

アクア・アグリステーション
アクア・アグリステーションは、高度な水処理技術をベースにした、水産資源を生産する農業拠点です。世界中で魚介類を中心とした水産物の需要が急速に増えている中で漁業規制の波も広がり、場所を選ばず安全性、生産性の高い養殖技術の開発が待たれています。そこでこの施設では、水換えをほとんどすることなく海の生物を飼育できる最先端水処理技術(閉鎖循環式陸上飼育システム)を中心に、陸上養殖の事業化に向けた基礎・応用研究や生物資源の保全に関わる教育と研究を行っています。

アクア・アグリステーション写真

関連ページ
生産農学科 | 理科教員養成プログラム | 環境農学科 | 先端食農学科