玉川大学

学年・学科混在のレベル別クラス

ELFのクラスは101、102、201・・・401、402の8レベルで編成されています。
クラスは週2回または3回、計200分の授業を1人の教員が担当します。
さらに授業外で最低400分の学修が要求されます。
履修者のレベルは個々の能力に応じて英語が修得できるよう、入学時あるいは最初に履修を開始する直前にプレースメントテストで決定されます。
最初は101、102または201のいずれかを履修します。
ELF101から始めた人は102、201……、201からスタートした人は201、301と、レベルごとに到達目標をもとにステップアップできる配慮をしています。
クラスは通常25名以内、多くのクラスは16-20名で、学年や学科が混在するクラス編成のために、多様な価値観の中で無理なく学修することができます。

レベル別クラスと評価

共通の目標と多様なアプローチによる授業

玉川学園の12の教育信条にある「反対の合一」。
ELFプログラムにもその理念が受け継がれています。
それは Unity (統一)とDiversity (多様性)の実践です。
ELFプログラムはレベル毎の統一した到達目標が設定され、その達成を目指して授業がデザインされており、Readingの教材は共通テキストを使用しますが、それ以外は教員によるオリジナル教材、そして多様なアプローチで授業が進みます。教員が自国のさまざまな文化を紹介したり、自分の体験談から生きた歴史を語るなど、題材も多種多様。
グローバルコミュニケーションのための英語を学ぶと同時に、幅広い視点から様々な文化に触れ、理解を深める授業が展開されます。
担当教員は原則として毎学期交代するため、卒業までに様々なアプローチに触れることができます。

共通の目標と多様なアプローチによる授業

「修得」できたことを評価することができるテスト

ELFプログラムでは英語のReading、Speaking、Writing、Listeningの四技能を総合的に学びますが、テストのための勉強になってしまわないように、Readingの内容理解をSpeakingで、Speakingで学んだ内容を
Listeningで、 Listeningの理解度をWritingでテストをするなど、各技能を連携させることでさらに総合力を高めて行きます。
レベル毎の到達すべく目標は設定されますが、「完全に修得しなければならない」内容を示して100%修得できなかった場合にペナルティーを科すのではなく、各自が学習成果をコンスタントに振り返りながら、「修得できたこと」を重視して評価します。こうした評価法により学生は着実に自信をつけ、学ぶ意欲を高めて行くことができます。

Classroom Work,
Participation and Homework(20%)
授業への参加および課題の提出。ただ出席しているだけでは不十分。期限が過ぎた課題は受け取らない。
Listening and Speaking
Assessment(20%)
教科書(Reading)、Extensive Reading、またはTOEIC®問題集のトピックをもとにした、教師対学生、あるいは学生間の口頭のやりとりを評価する(1セメスター2回)
Reading Comprehension
Assessment(20%)
理解力および語彙力について受講レベルに相応した担当者が選んだテキストを用いて評価する(1セメスターあたり2回)
Writing Assessment(20%) レベルに応じた自由英作文。2回のドラフト提出、添削をもとに最終版を評価。
TOEIC®IP Scores(20%) 7月と12月に実施受講レベルに応じて点数が換算される。