研究室ガイド

玉川大学 入試Navi

生態系科学領域

生物と環境の相互作用、生物の多様性、
地球規模での環境について学ぶ

主な学問分野

  • 環境動態学
  • 植物機能生態学
  • 進化生態学
  • 分子生態学
  • 動物生態学
  • 野生動物管理学

研究内容

  • 生物と環境の相互作用
  • 森林構成要素の動態学的研究
  • 保全に関わる生態系機能の解明
  • 気候変動に対する生物の適応
  • 野生生物の行動と生態

生物と環境の相互作用、生物の多様性、地球規模での環境評価

  • 環境要因と野生生物の生活様式
  • 生物個体~集団~生態系と環境要因の相互関係
  • 生物の気候変動に適応進化するメカニズムを研究
研究
研究
研究
研究

学びのキーワードと担当教員

学びのキーワード

  • 植物生理生態学
  • 炭素循環
  • 一次生産(NPP)
  • 土壌呼吸

学べる
分野は?

関川 清広
関川 清広

植物機能生態学

生態系の種類と成り立ち、生態系を構成する生物群集の働き(生産者、消費者、分解者)と食物連鎖、物質循環(とくに炭素循環)、生態系に対する環境要因と人為的影響について理解し、地球環境における生態系の役割について考えます。

学びのキーワード

  • 環境変動に対する生物の反応
  • 生物と環境の相互作用
  • 環境指標生物
  • 健全な生態系の保全

学べる
分野は?

南 佳典
南 佳典

環境動態学

生物の分布、更新、構造や人間の活動との関わりからみた生態的機能など幅広い視点から環境保護・保全を考える分野が環境動態学です。人為的な環境変動による影響から健全な生態系を保全するために、フィールドワークを通して議論を展開します。

学びのキーワード

  • 自然選択
  • 気候変動
  • 分子生態学
  • 遺伝的多様性

学べる
分野は?

三村 真紀子
三村 真紀子

進化生態学

進化生態学では、遺伝子から地球環境まで幅広い視野をもって、生物種がさまざまな環境で生き抜いてきた戦略を学び、生物の共通性と多様性を考えます。変動する環境に応答し進化する様を野外研究とゲノム科学の双方から探求します。

学びのキーワード

  • 哺乳類の行動生態
  • 種間相互作用
  • 野生動物の利用
  • 鳥獣害対策

学べる
分野は?

關 義和
關 義和

動物生態学・野生動物管理学

過増加した動物や外来種による影響が顕在化している現在、野生動物を管理するという視点が求められています。行動学や生態学などの自然科学から法制度といった社会科学まで幅広く学び、野生動物との共存について考えていきます。

4年次に取り組む卒業研究と主なテーマ

  • 経過年数の異なる渓畔林撹乱跡地における土壌動物相と土壌の生成
  • モウソウチク林における土壌呼吸に対する環境要因と地下部現存量の影響
  • げっ歯類の生息域と採食行動に対するアメリカミンクの影響
  • 北海道東部におけるタンチョウの繁殖地選択
  • 光環境と植物の成長および光合成特性
  • 森林の更新動態に対する動物や鳥がもつ機能 その他