研究室ガイド

玉川大学 入試Navi

玉川大学 農学部

未知なるライフサインエンス研究へ

  • 生産農学科
  • 環境農学科
  • 先端食農学科
  • 生産農学科理科教員養成プログラム

生産農学科

生産農学科

植物科学領域

植物・作物の栽培技術、品種改良や遺伝子解析などに関する研究に取り組む。

  • 園芸学
  • 果樹園芸学
  • 栽培学
  • 植物生理学・分子育種学
  • 植物分子育種学

微生物科学領域

微生物、微生物が生産する有用成分、および、農作物の病害防除を研究する。

  • 天然物化学
  • 植物病理学
  • 菌類資源学
  • 天然物化学

昆虫科学領域

社会性昆虫を中心に昆虫の行動・生態や機能利用、適応と進化の仕組みなどを研究する。

  • 昆虫機能利用学・化学生態学
  • 昆虫生理学
  • 昆虫生態発生学

動物科学領域

哺乳類や水生生物の生態における恒常性の維持機構や行動の生理・生化学的基盤などの研究を行う。

  • 動物生化学
  • 水圏生態学
  • 分子細胞生物学
  • 動物生理学

生産農学科の詳細へ

環境農学科

環境農学科

生態系科学領域

生物と環境の相互作用、生物の多様性、地球規模での環境について学ぶ。

  • 植物機能生態学
  • 環境動態学
  • 進化生態学
  • 動物生態学・野生動物管理学

持続的農学領域

農業と環境の関わり、国際的な農業の実際や農業マーケティングについて学ぶ。

  • 持続的農業システム学
  • 保全生物学・植物繁殖学
  • 環境解析学
  • 環境フードシステム学・国際協力論

環境農学科の詳細へ

先端食農学科

先端食農学科

システム農学領域

植物工場や陸上養殖など新しい食料生産のしくみを探求し、社会に通用する食料生産システム技術の最新技術を学びます。

  • 植物生理学・植物環境制御学
  • 生物環境工学・植物栄養学
  • 園芸植物学
  • 水産学・養殖学・生物環境工学
  • 微生物生態学・応用微生物学

食品科学領域

食べ物のおいしさと健康機能を研究します。栄養学、分析化学、分子生物学、微生物学、昆虫学等の知識と技術を身につけます。

  • 食品化学・食品栄養学
  • 食品科学・食品微生物学
  • 養蜂学
  • 細胞生物学・臨床栄養学

先端食農学科の詳細へ

生産農学科 理科教員養成プログラム

生産農学科 理科教員養成プログラム

理科教員養成プログラムの詳細へ

- 農学部の教育・研究フィールド - 間近で“実物”に触れて学ぶ

玉川キャンパス

卒業生は、多方面で社会的評価を受け、自信を持って活躍しています

多岐に渡る就職先分野(2015年3月卒業生実績)

生物資源学科
生物資源学科
生物環境システム学科
生物環境システム学科
生命化学科
生命化学科

さらなる研究の高みへ大学院進学

さらなる研究の高みへ大学院進学

大学院農学研究科 資源生物学専攻(修士課程・博士課程後期)

本研究科は、資源生物学という視点に立脚して生物生産を向上させ、生産物の利用を通じて私たちの生活を豊かにし、自然との調和をはかりながら、未来に向けた生物資源の開発・利用をめざして研究を行っています。修士課程・博士課程ともに、次の6つの研究分野を設置しています。加えて、本大学に設置されている学術研究所、脳科学研究所で研究を行うことが可能です。

NEWS

ニュース一覧へ