研究室ガイド

玉川大学 入試Navi

教育・研究フィールド 間近で“ 実物” に触れて学ぶ

玉川キャンパス

61万㎡の広大なキャンパス。緑豊かな環境はそれだけでも自然の実験室。さらに農場を有する総合農学研究センターでは農場実験や実験材料の栽培等も行われています。学術研究所・脳科学研究所も有し、最先端研究設備の利用が可能です。

Future Sci Tech Lab

Future Sci T ech Lab(植物工場研究施設)では、場所を限定せず作物が栽培できる新しい農業技術の開発をめざし、無農薬で安全な作物生産の実証実験を行っています。
室内には多段式水耕栽培システムを設置し、植物栽培用に新しく開発したダイレクト水冷型ハイパワーLEDを光源にして、作物の栽培実験を行っています。

玉川学内農場

玉川学内農場は、生産農学科および環境農学科の農場実習で野菜、花き、果樹、水稲などの試験栽培が行われているほか、卒業研究の場として利用されています。また併設校の幼稚園児や小学生との教育プログラムも実践しています。

大学6号館

大学6号館(Science Hall)には農学部のすべての研究領域が集まっています。フロアごとに2領域が研究室を構え実験に必要な機材が揃えられています。また共有スペースである1階には動物飼育室やクリーンルーム、核磁気共鳴機器や電子顕微鏡のある精密分析機器室などがあります。特に4年次は、これらの設備を利用し、4年間の学びの集大成とも言える卒業研究に取り組みます。

豊かな自然あふれるキャンパスは、四季折々の花々を楽しめます

スイセン
ウメ
サクラ
ツツジ
ホタルブクロ
アジサイ
キョウチクトウ
ヤマユリ
ヒガンバナ
キンモクセイ
ツワブキ
ツバキ

玉川キャンパスTOPICS

農学部生産加工室が「Food Science Hall」へと新しく生まれ変わりました。

「たまがわはちみつ」や「たまがわアイスクリーム」などの玉川学園オリジナル商品の生産加工の拠点となってきた「農学部生産加工室」が、教育学部と連携して装いも新たに「FoodScience Hall」と名称を変更し再スタートを切りました。試作と評価を繰り返し、新しい食品の生産システムを作り上げていく拠点となります。

1 オリジナルの生産加工品「たまがわアイスクリーム」と「たまがわはちみつ」
Food Science Hall 外観
Food Science Hall 内観

国内施設

演習林もある実習施設

箱根自然観察林 神奈川県箱根町

キャンパスに最も近い場所に位置する実習地。箱根町畑宿に位置する自然観察林では生態系調査のほか、植物・樹木の同定の実習に利用されています。

熱帯の植物研究

鹿児島南さつま久志農場 鹿児島県南さつま市

鹿児島県薩摩半島南端の久志に白砂の浜・サンゴの海に面した農場を持っています。カンキツ類の果樹を中心に、マンゴーなど熱帯植物を栽培し、機能開発を行っています。

寒冷地の生態研究

北海道弟子屈農場 北海道 弟子屈町

摩周湖の西側、釧路川の源流に沿って125haの農場(演習林を含む)が広がっています。これらの施設を使った実習とともに、釧路川周辺の生態系調査などを実施しています。

美留和晴耕塾
乾草調整作業

海外プログラム

玉川学園ナナイモ校地バンクーバー・アイランド大学

カナダ ブリティッシュコロンビア州

カナダ、バンクーバー島にある玉川学園のキャンパス。湖と牧草地に囲まれたキャンパスは環境農学科のカナダプログラムでも使われています。バンクーバー・アイランド大学はナナイモ市にある総合大学。環境農学科のカナダプログラムの中心的活動を担い、英語の学修はもちろん、農学系の講義、フィールドワークも担当。教職員の交流も活発に行われています。

バンクーバー・アイランド大学の授業風景

クイーンズランド大学

オーストラリア クイーンズランド州

クイーンズランド大学はブリスペンにある総合大学。メインキャンパスは、広大で生活に必要な施設も充実。生物環境システム学科のオーストラリアプログラムを実施しており、英語の学修や農学、自然管理、獣医を研究する学部があり、オーストラリアの自然・有袋類・酪農を中心とした授業が展開されています。

クィーンズランド大学
フィールドトリップ
ユーカリの森の観察
-->