研究室ガイド

玉川大学 入試Navi

食品科学領域

食べ物のおいしさと健康機能を研究します。
栄養学、分析化学、分子生物学、微生物学、
昆虫学等の知識と技術を身につけます。

主な学問分野

  • 食品化学
  • 食品栄養学
  • 臨床栄養学
  • 細胞生物

研究内容

  • 加工食品中の食物アレルゲン
  • 牛乳ラクトフェリンの新しい機能
  • 生活習慣病を予防する食品成分
  • 養蜂技術、養蜂生産物の純正評価

機能性食品や食品生産加工技術に焦点を当て、
付加価値食品やアレルギー物質の除去を可能にする食品生産、
栄養管理技術に取り組む

食品中の生体調節因子の定量実験
食品中の生体調節因子の定量実験
食品加工実習
食品加工実習
ヒト代替モデル(線虫)を用いた食品中の老化を防ぐ物質の探索~ラクトフェリンの応用研究
ヒト代替モデル(線虫)を用いた食品中の老化を防ぐ物質の探索~ラクトフェリンの応用研究
アレルギーを引き起こすタンパク質を調べる抗体反応実験、遺伝子組換え食品の検査
アレルギーを引き起こすタンパク質を調べる抗体反応実験、遺伝子組換え食品の検査
ハチミツは蜜源によって色彩や風味が異なる(写真はレンゲ)
ハチミツは蜜源によって色彩や風味が異なる(写真はレンゲ)
採蜜現場でのサンプリングと花粉分析を利用した真性評価
採蜜現場でのサンプリングと花粉分析を利用した真性評価

学びのキーワードと担当教員

学びのキーワード

  • 食物アレルギー
  • 生活習慣病予防
  • 動物細胞培養

学べる
分野は?

新本 洋士
新本 洋士

食品化学・食品栄養学

食品には、これまで非栄養素とされてきた食物繊維やポリフェノール類のような、体調調節機能を持った成分があることを学びます。これらの機能性成分はアレルギーを抑制したり、肥満や糖尿病などの生活習慣病を予防するなどの働きがあることを学び、学問としてだけでなく、自分自身の日常の食生活を見直すきっかけにもなります。

学びのキーワード

  • 食と健康
  • ラクトフェリン
  • 乳酸菌・ビフィズス菌
  • 母乳

学べる
分野は?

冨田 信一
冨田 信一

食品科学・食品微生物学

日本のような長寿国は、健康寿命を延ばすことが喫緊の課題です。その解決のために食を通じて健康な生活を営んでいくことが重要となります。そこで、食品の持つさまざまな機能性の面から、食と健康の関係について学ぶことができます。

学びのキーワード

  • 養蜂学
  • 養蜂生産物の純正評価
  • 生産原理
  • トレーサビリティ

学べる
分野は?

中村 純
中村 純

養蜂学

食品の成り立ちを学ぶことは、食品の純正評価の根本を知ることでもあります。食品の原料の由来や生産原理、さらには生産現場を意識できる基本的なセンスの多くは、生物学的な背景を知ることで身につけられます。

学びのキーワード

  • 細胞培養
  • 組換え農産物
  • 遺伝病

学べる
分野は?

長縄 康範
長縄 康範

細胞生物学・臨床栄養学

私たちは毎日「食」と関わりを持っています。そこで、動物培養細胞を用いて、さまざまな食品に含まれる成分の機能を調べます。また、その作用機序についても遺伝子発現を観察することで、解明していきます。

4年次に取り組む卒業研究と主なテーマ

  • 食品に含まれる機能性成分の分離と生理作用の解明(ラクトフェリン、ハーブ類)
  • 食品加工中に生じる食品成分間の化学反応の解析(乳タンパク質の変化、酵素による食品加工)
  • アレルゲンタンパク質の分析(ピーナツアレルゲン、トマトアレルゲン、牛乳アレルゲン、スギ花粉アレルゲン)