ニュース・イベント




トップページ > ニュース・イベント > 警視庁交通部公式キャラクターデザインプロジェクト
警視庁交通部公式キャラクターデザインプロジェクト

交通安全キャンペーンにてボランティア活動を行いました。

警視庁交通部公式キャラクターデザインプロジェクト 交通安全キャンペーンにてボランティア活動を行いました。 秋の交通安全キャンペーンに合わせ、9月24日に開催された《高齢者交通事故防止キャンペーン「みんなで語る交通安全教室」》および9月28日に開催された《高齢者交通安全情報発信基地における交通事故防止キャンペーン》において、本学の学生がボランティア活動を行いました。 今回のボランティア活動は、高齢者の方々に反射材用品の普及促進を呼びかけ、交通安全に対する意識向上を目的としました。アートボランティアサークル「START」のメンバーを中心に、学生主体のプロジェクトとして取り組み、キャンペーンの成功に貢献することができました。 また、メディア・アーツ学科3年金田佳子さんが提案し、警視庁交通部高齢者交通指導員のイメージキャラクターに採用された「リードン別ウィンドウで開く」がキャンペーンでお披露目されました。ボランティア活動と連動し、「リードン」は今後もキャンペーンやイベントで活躍する予定です。

概要

第1回:9/24(木)11:30〜13:30  巣鴨信用金庫3階ホール内、とげぬき地蔵(高岩寺)
第2回:9/28(月)13:30〜14:30  深川不動尊(境内)
主催・企画:警視庁交通総務課
協力:玉川大学芸術学部
ゲスト:生島ヒロシさん(9/24(木)のみ)

ボランティア活動の内容

  1. 資料配布(警視庁交通総務課が提供)

    交通安全に関する間違い探しのチラシ、リフレクターバンド、交通安全パンフレット、クリアファイル等を参加者に配布しました。また、資料の配布を行いながら、参加者の呼び込みを行いました。

  2. 反射材用品の紹介(リードンの紹介、ミニファッションショー)

    反射材用品反射材用品を着用し、反射する部分を確認しながら多種多様なデザインを紹介しました。また、リードンの甲羅から反射材用品を取り出して紹介することにより、キャラクター設定(趣味である「光るもの集め」)を活かすことができました。

  3. 啓蒙品・記念品の配布

    9月24日(木)は、リードンの描かれた反射材のキーホルダーおよび煎餅の配布を行いました。
    9月28日(月)は、ピーポくんの描かれた反射材のお守り型キーホルダーを直接参加者のカバンや持ち物に取りつけ、反射材を身につけることの重要さについての声がけを行いました。

  4. その他キャンペーンでの補助

    ゲストとの質疑応答、指体操などでステージに登場し、会場を盛り上げることができました。


《9月24日(木)の様子》

《9月28日(月)の様子》

《配布した啓蒙品・記念品》

リードン反射材キーホルダー                                               リードン煎餅

【参加学生】
<9/24(木)>
メディア・アーツ学科 3年長嶋絢子、3年金田佳子、3年佐野圭吾、3年手塚健吾、4年宍戸里夏、4年福留歩乃佳、4年深町英佑
<9/28(月)>
メディア・デザイン学科 1年東美穂
ビジュアル・アーツ学科 3年本山百合恵
メディア・アーツ学科 3年長嶋絢子、3年佐野圭吾、3年手塚健吾、4年深町英佑、4年赤嶺ひとみ、4年山添碧子
【指導教員】
メディア・デザイン学科 小倉康之 伊藤菜美子 山口(旧姓:岩田)真実 高橋志緒 
【引率】
メディア・デザイン学科 伊藤菜美子

▲ページトップへ戻る