ニュース・イベント




トップページ > ニュース・イベント > 玉川大学芸術学部シンポジウム「美術教育の現在―学校と美術館の役割とは―」開催のお知らせ
玉川大学芸術学部シンポジウム

「美術教育の現在―学校と美術館の役割とは―」開催のお知らせ

パンフレット
パンフレットダウンロード pdf

玉川大学芸術学部ではこの度、美術教育をテーマとしたシンポジウムを開催する運びとなりました。

美術教育における学校と美術館の役割について、日米の最先端で活躍されている美術教育者にご講演をいただき、これからの美術教育について考えます。教員養成に携わる方はもとより、現職の小・中・高の先生方、美術館教育に携わる方、美術教育に関心を寄せる方々、教職を目指している学生のみなさんなど、多くの皆様のご参加をお待ちしています。

(当企画は2014年に新設した芸術教育学科の教育研究の一環として行うものです。)

※本シンポジウムは予約制となっております。詳細をご確認の上、メールにてお申し込み頂けますようお願い申し上げます。

日時:2016年2月27日(土) 13:00〜16:40(受付12:30-)
会場:玉川大学 大学教育棟 2014 521大講義室
小田急線「玉川学園前駅」下車徒歩5分
「玉川学園前駅」改札を出て左側(新宿方面に向かって左側)の階段を降り、本学正門よりご入場ください。

当日のプログラム

[第1部]講演会 13:00-15:50
[第2部]パネル・ディスカッション 16:10-16:40

プログラム詳細

[第1部]講演会

司会:林 卓行(玉川大学芸術学部教授)

[第2部]パネル・ディスカッション 16:10-16:40

コーディネーター:加藤 悦子(玉川大学芸術学部教授)

講演者・パネリスト プロフィール

William B. Crow氏
メトロポリタン美術館教育学芸課長
ハンター・カレッジ(芸術学《絵画》)及びバンク・ストリート・カレッジ(博物館教育学)修了。高校教員、モーガン・ライブラリーのギャラリー・エデュケーターを経てメトロポリタン美術館勤務。
2014年にはアメリカ美術教育学会からイースタン・リジョン・アート・ミューゼアム・エデュケーター・オブ・ザ・イヤーを受賞。ヴィジュアル・アーティストでもある。
柳沢 秀行氏
大原美術館学芸課長
1967年埼玉県生 1991年 筑波大学 芸術専門学群芸術学専攻卒業。同年より岡山県立美術館学芸員として勤務。2002年 大原美術館にプログラムコーディネーター・学芸員として勤務。
2005年より現職。
永関 和雄氏
美術教育家・前全国造形教育連盟委員長・玉川大学非常勤講師、武蔵野美術大学非常勤講師
1951年東京都生 多摩美術大学デザイン科グラフィックデザイン卒業、中学校美術科教諭を経て東京都教育委員会指導主事、八王子市教育委員会指導室長から公立中学校統括校長を経て現職。

参加申し込み方法

下記必要事項を記入し、e-mailでお申込みください。

お申し込み先 :ae.art@art.tamagawa.ac.jp
[メールタイトル]
芸術学部シンポジウム申込
[メール本文]
お名前
e-mailアドレス
連絡先
ご所属
職種:教員・学芸員・学生・高校生・その他(     )

個人情報の利用目的について

ご提供頂いた個人情報は「芸術学部シンポジウム」以外の目的には一切使用しません。
【個人情報に関するお問い合わせ先】
・運営管理者 玉川大学芸術学部長
玉川大学芸術学部 TEL : 042-739-8119
・苦情・相談について
本学の個人情報の取り扱いについての苦情・相談は下記の窓口にお問い合わせください。
【個人情報に関する相談窓口】
学校法人玉川学園総務部総務課
TEL : 042-739-8953
FAX : 042-739-8795
E-mail : privacy@tamagawa.ac.jp


主催:玉川大学芸術学部
共催:玉川大学教育博物館
お問い合わせ先:玉川大学芸術学部
〒194-8610 町田市玉川学園6−1−1
TEL:042-739-8119/FAX:042-739-8828
e-mail:ae.art@art.tamagawa.ac.jp

▲ページトップへ戻る