パフォーミング・アーツ学科



トップページ > パフォーミング・アーツ学科 > 学びのジャンル

学びのジャンル

音楽系

音楽通論

音楽を表現するために必要な基礎的な読譜力を身に付ける事が出来る科目です。音符、休符、音程、音階、和音、調性、また基本的な楽語など実際に楽譜を読みながら1つ1つ学んで行きます。人に評価される演奏をするという事は、客席(聴衆)の方々と上手くコミュニケーションを取る事も大切な事です。楽譜をきちんと読む知識は客席の方々とより深いコミュニケーションを取る大きな力になります。

音楽表現

より高度な音楽表現の技術を習得する授業です。この科目は卒業時まで継続して取得して行く事の出来る「音楽表現」の最初に履修する科目です。専門に学ぶ事の出来る実技は作曲、声楽(クラシック、ミュージカル)、鍵盤楽器(ピアノ・オルガン)、木管楽器(オーボエ、フルート、クラリネット、サクソフォーン、ファゴット)、金管楽器(ホルン、トランペット、トロンボーン、ユーフォニアム、テューバ)、打楽器全般、弦楽器(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、クラシックギター)があります。また、実技以外にも演奏に必要な理論・演習科目(ソルフェージュ、和声学)も合わせてこの科目の中で学んで行きます。

演劇・舞踊系

劇場空間論

演劇・舞踊などの舞台芸術を上演および鑑賞する場である「劇場」について多角的に探索します。授業の中で、劇場の起源と歴史的変遷から、劇場の社会的機能と役割を考えると共に、さまざまな劇場の形態と種類、劇場の機構と設備、劇場の運営と組織などの諸問題について学びます。その上で、舞台スタッフとして必要な、基礎的舞台技術、劇場用語、舞台の操作と安全の心得、劇場のマナーとルールなどを学ぶことで、舞台芸術に携わる者としての学問的且つ技術的素養を身につけることができます。

身体表現

より高度な身体表現の技術を習得する授業です。この科目は卒業時まで継続して取得して行くことの出来る「身体表現」の最初に履修する科目です。専門に学ぶ事の出来る実技はリトミック、演技、狂言、日本舞踊、バレエ、ジャズ、コンテンポラリーダンス、があります。公演を前提とした実習授業「パフォーマンス」と併せて学ぶことで、実技技術の奥深さ、重要性を経験的に学んでいくことができるのはもちろん、効果的な身体表現方法を身につけることで、実践的な自己表現力を養うことができます。

舞台技術・企画構想系

構成演出論

現代におけるパフォーミング・アーツ全域で必要不可欠とされる「構成」や「演出」という職掌の内容と技術に関して学ぶことができます。「パフォーマンス」という科目と有機的な関連を持ちます。具体的には、戯曲選定、戯曲研究、プロダクションの組織化、配役、稽古進行などの実際に即した演出プランを立案し、それを実習して問題点を整理していきます。これらの課題追求の前提として、近代演劇以降の演出概念についても学びます。

文化政策概論

あらゆる意味で「成熟」した現代の日本社会では、「ハード」の整備から「ソフト」と「ヒューマン」をつなげる文化政策の価値が非常に高くなっています。そこで、文化政策に関する基礎知識を身につけ、さらに、諸外国の文化政策との比較をおこない、現代日本社会の求める文化政策の方策を、具体的実践例をあげながら探っていきます。また同時に、文化政策にかかわる法律も学ぶことで、企画製作における実践的な力を身につけることができます。

舞台技術・企画構想

より高度な舞台技術・企画構成の技術を習得する授業です。この科目は卒業時まで継続して取得して行くことの出来る「舞台技術」や「企画構成」の最初に履修する科目です。専門に学ぶ事の出来る技術は舞台演出、戯曲、制作、装置、照明、音響、衣裳、メイクアップ、映像製作があります。公演を前提とした実習授業「パフォーマンス」と併せて学ぶことで、舞台技術の奥深さ、重要性を経験的且つ理論的に学んでいくことができます。また、演出や企画構成をおこなうための理論的背景や、戯曲執筆表現方法、また文化芸術を産業化させる視点を養う制作力を身につけることで、社会で働く際の実践的能力を養うことができます。

共通科目

パフォーマンス

「身体表現」、「音楽表現」、「舞台技術・企画構想」の科目で学んだ表現力や知識、技術を実際に舞台を作り上げる事で総合的に学んで行きます。実際に舞台に立つことはもちろんのこと、演目の企画運営、宣伝、集客、舞台技術まで各専門の指導教員のもと基礎から学んで行きます。パフォーミング・アーツ学科のいわばメインの科目で、2年次以降は必修科目とし、その知識、技術、表現力を磨いて行きます。豊かな表現力を備えたアートと社会を繋ぐコミュニケーションとコーディネートのプロフェッショナルを養成する授業です。

▲ページトップへ戻る