数学教員をめざす学生のための専門プログラム

数学教員をめざす学生のための専門プログラム

多くの学部・学科で教員免許状を取得するためのカリキュラムが用意されており、これまでも数多くの教員を送り出してきた玉川大学。「数学教員養成プログラム」は、中学校と高等学校の数学教員の免許取得を目的とした、数学教員をめざす学生のための専門プログラムです。
玉川大学の教育理念と工学部が長年培ってきた「数学教育」のノウハウが詰まっており、入学直後から将来の数学教員をめざすための、多彩な特別カリキュラムが設定されています。

プログラムの特徴

1年次から数学教員への道がスタート!

「数学教員養成プログラム」は、数学に力点を置いた受験科目が設定されています。入学直後から数学教員養成のための特別カリキュラムに取り組み、4年後の教員免許取得をめざします。
1年次では教員にとって必要となるさまざまな基礎科目を学び、玉川大学ならではの全人教育のもと、教員になるための基盤をしっかりと創り上げます。また同時に、代数学・解析学などの数学の専門教科にも早い時期から取り組みます。2年次以降は数学教員養成コースに進み、数学教員としての資質を磨いていきます。また、 教師教育リサーチセンターが実施する独自のサポートプログラムにより、教員免許取得に向けてのステップを着実に進むことが可能です。

特長

01

数学教員に不可欠な専門科目を履修

1年次最初の新入生ガイダンスで、教職課程の概要説明が行われ、順次教職課程に必須となるさまざまな基礎科目を履修します。ただし1年次終了時にGPA*で一定レベル以上の成績を収めなければ、2年次以降の数学教員養成コースに進むことはできません。2年次からは数学教員をめざすための本格的な学びがスタート。数学関連の基礎教育に始まり、ベクトル解析や複素解析などのより高度な数学関連の専門科目を履修します。

数学教員をめざす学生のための専門プログラム

特長

02

自分の特性を見極めてフレキシブルな
進路選択

数学教員への道は、決して安易で平坦なものではありません。事実、教員免許を取得するまでにはさまざまなハードルがあり、数学教員としての資質が試されます。数学教員養成プログラムで入学した学生は、情報通信工学科※1、ソフトウェアサイエンス学科、マネジメントサイエンス学科のいずれかに籍を置くことになりますが、2年次に進む時点であらためて次の選択をします。1つはそのまま数学教員養成コースに進み数学教員への道を歩むか、もう1つは数学教員のための学びではなく所属している学科の学びを極めるかのいずれかです。1年間のプログラムの学びを通して自分の特性を見極めた上で、ふさわしい将来の進路を選ぶことができます。

4年間の学び

4年間の学び
  • ※1 数学教員養成コースの選択には、教育の質の保証という観点から、累積GPA=2.40以上の成績等、資格取得に関する基準があります。

教師教育リサーチセンター

豊富な教員養成サポートプログラムを展開

教師教育リサーチセンターは、教員をめざす学生を強力にバックアップしています。学部や学科、そして教育現場と連携しながら、「教員養成の玉川」ならではの実績ある教員養成プログラムを学生に提供します。早期から教職に関する学修ができるよう、1年次より学修スタートガイダンスや模擬試験、採用試験(筆記・面接・小論文)対策講座、自主学修会など、実践的なサポートプログラムを継続的に開講しています。
さらに教育現場体験プログラムも充実。1年次の参観実習、2年次の介護等体験、4年次の教育実習だけでなく、4年間を通じて、教育インターンシップや教育ボランティア、小・中学校の参観実習など、教育現場を肌で体験できるカリキュラムを整えています。なかでも力を入れているのが教員養成合宿で、数学の集中講義はもちろん、現在教員として活躍されている卒業生から学校教育の実情を聞くことができる機会を設けています。

PICKUP教員経験者が徹底サポートする
教職サポートルーム

教員経験者が徹底サポートする教職サポートルーム
空き時間や放課後、長期休暇中などに、
積極的に利用することが可能。

教育現場での経験が豊富な専属教員が常駐し、教科指導や学級経営などの相談に対応しているのが教職サポートルームです。採用試験前には、受験地ごとの採用試験の傾向に合わせて、論文や模擬面接、模擬授業など、個別・小グループ別にきめ細かい指導や具体的なアドバイスを行っています。

STUDENT'S VOICE

一人ひとりに合った指導ができる
数学教員をめざしています

工学部 マネジメントサイエンス学科3年 小西 花さん

小西 花さん

両親が高校の数学教員で、例えばホールケーキをカットする際はケーキ1個分の角度を計算するなど、生活の中に数学が身近にある環境だったので、自然と数学教員をめざすようになりました。入学してみると、同じ目標を持つ友人が刺激になり、勉強にはさらに力が入りました。わからないことは先生へ積極的に質問し、数学の知識が増えていく度に楽しさを感じます。また、やればやるだけ成績という結果もついてきて、結果、1、2年次に優秀賞をいただけたことなども、頑張ることのモチベーションにつながっています。
また、子どもが大好きなので、小学校教諭2種免許状が取得できる「ダブル免許プログラム」も受講しています。参観実習や教育ボランティアを通して、特別支援学級にも興味が湧くなど、自分の視野が広がっています。将来は、生徒一人ひとりに目を向けることができるような先生になりたいと思っています。

Topicsダブル免許プログラムで、
小学校教諭2種免許状も併せて取得!

玉川大学では、教育学部以外の教職課程を履修している学生を対象に、ダブル免許プログラムを実施しています。小学校教諭免許状を取得するためには、従来は卒業後に改めて通信教育課程に入学する必要がありましたが、この制度を利用すれば、在学中に本学の通信教育課程を利用することができ、中学校・高等学校教諭に加えて小学校教諭2種免許状を取得することが可能になります。

※プログラムの利用には、入学後一定の成績を満たし、学部の選抜を経ることが条件となります。また通信課程で学ぶ費用が別途かかります。