研究室ガイド

メインイメージ

観光を通して「グローバル力」を身につける!

大交流時代が到来した21世紀、観光もワールドワイドに展開されるようになりました。多くの日本人が渡航し、また、たくさんの人が日本を訪れます。彼らに快適で充実した「旅」だけでなく「交流」の機会を提供するのが、観光産業の役割。そのために今求められているのは、語学(英語)力、情報(ICT)力、そして異文化を理解し、もてなすことができる人間力の3つの力です。観光学部ではこの力を育むための充実したプログラムを用意しています。

観光は「21世紀のリーディング産業」といわれています。それは異なる文化や歴史を持つさまざまな人たちと、互いを尊敬し合って語り合える人たちを、育てる産業だからです。観光のそうした力を磨き、能力を輝かせる機会を玉川大学観光学部では学生のみなさんに提供します。そして日本の、また世界の「未来のひかり」となるグローバル人材へと育成します。

ぜひみなさんも玉川大学での学びを通して「未来のひかり」へと成長してください。

英語力を身につけられる「環境」が強み

多くの1年生は、海外留学条件であるTOEICRスコア500点以上の成績を収められるか、不安を持って入学してきます。そうした不安を解消するため、観光学部では、留学前に毎日英語を学修する環境を整え、英語力を強化しています。

TOEICスコア画像

日本にいながら毎日が英語!

「英語力」を鍛えるプログラム[ 海外編 ]特色ある観光学部の「海外留学」

英語プログラムの最大の特色は、1年間の海外留学。
語学研修から始まり、観光に関する専門科目、海外インターンシップなどもあり、盛りだくさんの内容を用意しています。異文化体験を通して、国際社会で活躍できる英語力と国際理解力を身につけます。

  • Deakin(ディーキン)大学
    • 設立年 1974年
    • 学生数 50,000名
    • 留学生数 7,500名
    大学イメージ画像
    オーストラリアン・ユニバーシティー・オブ・ザ・イヤーを過去2度受賞している大学。100以上の学部・大学院プログラムがあり、従来の研究分野はもちろん、新たなビジネス分野を専門にしたコースも学べる。
  • Swinburne(スウィンバーン)工科大学
    • 設立年 1908年
    • 学生数 35,000名
    • 留学生数 7,700名
    大学イメージ画像
    1908年創立の歴史と伝統のある大学。ビジネス、芸術、テクノロジー系の学問が強く、特にリサーチとテクノロジー分野では世界的に評価されている。企業との結びつきも深く、実践力のある人材を育成。
  • Victoria(ビクトリア)大学
    • 設立年 1916年
    • 学生数 48,922名
    • 留学生数 5,000名以上
    大学イメージ画像
    90カ国以上の国々から学生が集う、オーストラリア国内で最も国際的な大学の一つ。学生のキャリア充実を目的としたさまざまなコースを提供しているほか、多様な経歴や文化を持つ学生を対象とした第三期教育(中等教育以後の教育)に注力。

特色ある海外留学

「観光学」を実際に学ぶプログラム社会と連携した実践的な学び

海外留学を終えた、3年次後期からは幅広い分野を網羅した観光学の専門科目を学ぶとともに、学生それぞれの興味や関心に応じてより専門的な研究を深めるゼミナールが始まります。
その専門科目の授業やゼミナールでは、積極的に学外と連携した実践的な学びも行われています。

東京オリンピックに向けた取り組みもスタート

イメージ画像

東京オリンピックの関連団体や地域と連携して、学生をオリンピック・パラリンピック大会で活躍するボランティア人材として育てる取り組みにも力を入れていく予定です。

TOPICS観光学部の学生チームが
「タイ旅行企画コンテスト2016」でグランプリを受賞!

トピック画像

観光学部観光学科の学生4人のチームが、タイ国政府観光庁と旅行ガイドブック『地球の歩き方』の主催による「タイ旅行企画コンテスト2016」に応募して、みごとグランプリを受賞しました。課題は「タイ北部ランパーン県を組み込んだ、若者(学生)をターゲットとした旅行の企画」で、チームが企画したプランは『夜行列車でタイ縦断! 田舎も都会も味わいタイ! ~チェンマイ・ランパーン・バンコクを駆け抜ける8日間~』。
「ランパーンはまだ知られていない地方なので情報が少なく、現地のホテルにメールをするなど、確実な情報を収集することに努めました」とのこと。主催者からは「観光者の目になって旅行プランが作られている」と評価されました。

社会と連携した実践的な学び

次世代を担う人材の育成を目指します寄附講座

現代ツーリズムにおいて、重要度が飛躍的に向上しているのが「食」「滞在空間」分野。食を通じてその土地に興味を持ち訪問する人、憩いの空間を求め、またそこでのもてなしに期待して滞在する人など、単なる名所めぐりから、観光の形態は大きく広がりを見せています。旅先のレストランは食によって土地の伝統を伝え、ホテル・旅館などの滞在空間はもてなしをもって、その土地の文化を感じさせてくれます。

寄附講座では江頭ホスピタリティ事業振興財団より研究助成を受け、ホスピタリティ・マネジメントを開講。観光関連業界で活躍する方々を講師に迎え、次世代を担う人材の育成を目指します。

これまでの展開例

  • コースイメージ画像
  • コースイメージ画像

将来の夢を見据えて!多彩な履修モデルで幅広く活躍

観光は産業のすそ野が広く、さまざまな産業が観光とかかわっています。2020年には東京オリンピックも控え、観光に携わる人の活躍の場はさらに広がり、それだけに学ぶ分野も多岐にわたります。
観光学部では、観光を通して社会や企業に貢献できるグローバル人材を育成するため、3つのキャリアプランをイメージした履修モデルとキャリア支援を整えています。

2017年春、観光学部の第一期生が新たなる決意を胸に、
世界へ羽ばたきます

先輩画像

  • 写真左から順に
  • 小沼優未さん 日本航空株式会社(JAL)内定 スウィンバーン工科大学留学
  • 熊谷百花さん 株式会社日本旅行内定 ビクトリア大学留学
  • 亘理彩香さん 大塚製薬株式会社内定 ビクトリア大学留学
  • 田中裕子さん 株式会社ニュー・オータニ内定 スウィンバーン工科大学留学

将来の活躍フィールド

〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
Tel:042-739-8111(代表)

玉川大学入試Navi

ページトップへ