マネジメントサイエンス学科

数学研究室・佐藤健治

キーワード代数学幾何学数学教員

中学時代に積分を学び「曲線で囲まれた部分の面積が出せる」と知り、純粋に
「数学はすごい」と感じて数学にはまり出しました。数学が好きな人はどんど
ん本を読んで、どんどん考えて、どんどん先に進んで欲しいと思います。

どんな研究?

面と三次元空間の違い、平面と球面の違い、などを三角形や四面体(三角錐)を用いて考えたいと思っています。また、全く異なる分野ですが、小さい球を分割して組立てて大きな球を作ることができる、という数学の定理があります(ハウスドルフ・バナッハ・タルスキのパラドックスと呼ばれます)。とても奇妙ですが、体積が測れないように分割するので矛盾はしません。講義は代数と幾何を担当しています。授業に関しては、面白そうな話題をたくさん紹介して学生が興味を持てるよう心がけています。

なぜその研究を?

生時代にゼミの先輩にハウスドルフ・バナッハ・タルスキのパラドックスを教わり面白くなってはまりました。教員になってから幾何学の本を読んで四面体などの図形の面白さにもはまってしまいました。

数学の魅力って?

力を言葉で説明するのは難しいですが、あえて言うなら証明された命題は絶対に正しい、というところでしょうか。世の中に絶対というものはなかなかありませんが、数学の理論は絶対です。そして本や論文を読んで計算することにより全て自分で検証することができます。他には、お金がかからないのでいつでもどこでもできる、というのも長所に入れていいかも知れません(笑)

このページのトップに戻る