機械情報システム学科

玉川大学工学部 > 機械情報システム学科 > 担当教員・大久保英敏

大久保英敏先生(熱エネルギー研究室)

研究のキーワード熱力学  ソフトエネルギー  未利用冷熱  新自然冷媒  蓄熱・蓄冷  着霜現象
氷・水溶液スラリー  噴霧冷却

大久保英敏先生(熱エネルギー研究室)

間は多くの資源を“エネルギー”として消費していますが、実は、有効に利用できているのはごくわずか。ほとんどは“熱”として大気中に放出しています。例えば、自動車のエンジンが発する高熱は、動力として使われなかったエネルギーです。また、下水道には、家事などで生じた熱が廃棄されています。
一方で、約-160℃で貯蔵されているLNG(液化天然ガス)が気化する際に生じる極低温の冷熱も、その多くは未利用の状態です。研究テーマのひとつとして我々が注目しているのは、こういった未利用熱(冷熱)エネルギーの有効利用。熱電発電に関する研究はその一例です。

2種類の金属、または半導体を接合したものに電流を流すと、2つの物質の間に温度差が生じます。つまり、一方は温まり、もう一方は冷えるのです。これを「ペルチェ効果」といい、静音ミニ冷蔵庫などに応用されています。この逆に、2つの金属間に温度差をつけると起電力が生じます。これを「ゼーベック効果」といい、現時点の技術でも、単位面積あたりで太陽電池より高い発電量が得られます。ゼーベック効果の高い金属でサーモモジュールを構成し、それを自動車のマフラーやキッチンのコンロに貼り付けることで、発電できるのです。これが、「熱電発電システム」です。分野横断的な研究が求められている中で、我々は、より高い温度差を生じさせるための技術について研究しています。

日本は、トップクラスの省エネ技術先進国です。研究によって顕在化したシーズや、すでに実用化されている技術など、世界に誇るべきものがたくさんあります。政治的な目標として「マイナス6%」というスローガンを掲げていますが、短期的、局地的な対応策ばかりではなく、将来のために日本の優れた技術をどんどん世界に発信していくことも大切なことだと思っています。地球全体を視野に入れ、日本の省エネルギー技術の普及によって「マイナス6%」を達成したいと思っています。

おもしろ工学部大久保英敏先生のページ

このページのトップに戻る