ニュース

工学部情報通信工学科 2017年4月開設 インターネットによって世界がつながる情報化時代の未来を切り拓くエンジニアを育成!

情報通信技術を武器に“すべてのモノが情報につながる社会”で活躍できる人材を育成します。

学びの特色

インターネットの急速な普及により、ますます複合化する情報化社会の中で、ものづくりの基盤も「情報」にシフトしています。人間をサポートする多種多様なロボット技術や、人と人を“つなぐ” ことで社会を動かす情報通信技術の分野は、今や日本を支える最先端の成長産業と言えます。
このような時代の要請に応えるべく、『情報通信工学科』では、進歩著しい情報通信技術(ICT)を中心に「人と人をつなぐ」次世代の技術と手法を学び、研究します。機器に組み込まれるプログラミングとセンシングの基礎をハード・ソフトの両面から徹底的に修得。また、体験的な教育を重視し、1年次のチャンピオンシップから4年次の卒業プロジェクトにいたるまで、各学期に実験・実習科目を配置しています。体験により身についた技術は情報通信の分野で活躍するための重要な武器となります。

Stepup学びの目標

領域KEYWORD ロボット 人工知能 ICT IoT クラウドコンピューティング データサイエンス 量子光通信 情報セキュリティ

先端分野に触れられる
人工知能とビックデータ解析
組込みプログラミングの経験を通して知的に動くモノの仕掛けを知り、人工知能の基礎を学ぶとともに、ビッグデータ処理や脳科学など、その関連知識を修得します。
写真
自動運転技術(量子レーダ)
いかなる天候にも対応できるカメラ機能を実現する量子レーダの基礎を学び、その開発に参加します。

写真

写真 ロボットプロジェクトで世界大会へ
玉川ロボットプロジェクトチームは、リビングで活動するサービスロボットの世界大会であるロボカップ@ホームリーグでは2度の世界チャンピオンに輝きました。2020年に東京で開催されるロボットオリンピック2020に向けても最先端の人工知能ロボットを開発しています。プロジェクトには1年次から参加可能で、各自が目標を持って日々の活動を行っています。グループ活動による自発的な問題設定・問題解決力、チームワーク、プレゼンテーション力・コミュニケーション力を育てる問題設定解決型学習法(PBL)の一つと位置付けられ、その活動は、講義と同様に単位として認められます。

将来のフィールド

組込みソフトウェア開発者/マイコン技術者/ロボット技術者
システムエンジニア/システムインテグレータ
ネットワークエンジニア(電子・情報通信)/セールスエンジニア/データサイエンティスト
大学院進学 など
[主な取得可能な資格・免許]
□中学校・高校1種「数学」 □高校1種「工業」など

KEYWORD 解説
IoT(アイオーティー)
IoTは「Internet of Things」の略称。「モノのインターネット」とも呼ばれ、モバイルコンピュータやセンサなどの「モノ」から生まれる膨大な情報がインターネットでつながることです。例えば、自動車やビルなどの主要なパーツにセンサを取り付け、各部の強度や疲労度などをリアルタイムに管理できれば信頼性の高い予防的メンテナンスが可能になります。他にも、IoTは農業や医療など幅広い分野で活用が期待されています。

このページのトップに戻る