数学教員養成プログラム

玉川大学工学部 > 数学教員養成プログラム > プログラムコンセプト

プログラムコンセプト

1. 1年次から数学教員への道がスタート!

「数学教員養成プログラム」の履修を希望する受験生には、数学に力点を置いた受験科目が設定されています。入学後には、1年次から数学教員を目指すための特別カリキュラムに取り組み、4年後の教員免許取得を目指します。

1年次では教員にとって必要となるさまざまな基礎科目を学び、玉川大学ならではの全人教育のもと、教員になるための基盤をしっかりと創り上げます。また同時に、代数学・解析学などの数学の専門教科にも、早い時期から取り組みます。2年次以降は数学教員養成コースに進み、数学教員としての資質を磨いていきます。また教師教育リサーチセンターが実施する独自のサポートプログラムにより、教員免許取得に向けてのステップを着実に進むことが可能です。

数学教員に不可欠な専門科目を履修

1年次最初の新入生ガイダンスでは、教職課程の概要説明が行われます。さらに教職コースに必須となるさまざまな基礎科目を履修します。ただし1年次終了時にGPA※で一定レベル以上の成績を収めなければ、2年次以降の数学教員養成コースに進むことはできません。2年次から数学教員を目指すための本格的な学びが始まります。数学関連の基礎教育に始まり、より高度な数学関連の専門科目を履修。一方で、教育者としての資質を育むために、介護等体験や参観実習、教育実習など、豊富な教育プログラムを履修します。

2.フレキシブルな進路選択

数学教員への道は、決して安易で平坦なものではありません。事実、教員免許を取得するまでにはさまざまなハードルがあり、数学教員としての資質が試されます。数学教員養成プログラムで入学した学生は、ソフトウェアサイエンス学科かマネジメントサイエンス学科のいずれかに籍を置くことになりますが、2年次に進む時点で大きな選択が待っています。1つはそのまま数学教員養成コースに進み数学教員への道を歩むか、もう1つは数学教員のための学びではなく所属している学科の学びを極めるかのいずれかです。自分の特性を見極めた上で、将来の進路を自ら選ぶことができます。

3. 教師教育リサーチセンターのバックアップ

豊富な教員養成プログラムを実施

教員を目指す学生を強力にバックアップするのが、教師教育リサーチセンターです。学部や学科、そして教育現場と連携をしながら、「教育の玉川」ならではの実績ある教員養成プログラムを提供します。1年次から始まる教員採用試験対策プログラムでは、模試や学習スタートガイダンスなどの実践的なサポートプログラムを継続的に行い、3年次からは対策講座を開講します。さらに教育現場体験プログラムも充実しています。2年次の介護等体験、4年次の教育実習だけでなく、教育インターンシップや教育ボランティア、短期集中合宿など、教育現 場を肌で体験できるカリキュラムにより、教育者に欠かせない資質を磨きます。

また教職サポートルームが常設され、学生たちが空き時間や放課後、長期休暇中などでも積極的に利用することができます。ここには教育現場での経験が豊富な専属教員が常駐し、学生それぞれに応じたきめ細かい個別指導や、具体的なアドバイスなどのサポートを行います。

1年次から教員養成のための多数のプログラムを実施

教員採用試験対策プログラムのほかにも、教師教育リサーチセンターでは1年次より多数のプログラムを実施。なかでも力を入れているのが教員養成合宿で、数学の集中講義はもちろん、現在教員として活躍されている卒業生から学校教育の現状を聞くことができます。加えて、小・中学校の参観実習や教育ボランティアも用意しているので、早い時期から現場を体験することが可能です。

取得できる教員免許状

教員免許状 中学・高等学校教諭1種「数学」
ダブル免許プログラムで、小学校教諭2種免許状も併せて取得

玉川大学では、教育学部以外の教職課程を履修している学生を対象に、ダブル免許プログラムを実施しています。小学校教諭免許状を取得するには、従来は卒業後に改めて通信教育課程に入学する必要がありましたが、この制度を利用すれば、在学中に本学の通信教育課程を利用することができ、中学校・高等学校教諭に加えて小学校教諭2種免許状を取得することが可能になります。

※プログラムの利用には、入学後一定の成績を満たし、学部の選抜を経ることが条件となります。また通信課程で学ぶ諸費用が別途かかります。

このページのトップに戻る