教職員用インターネットメールサーバに届くメールセキュリティ対策改変について

 現在、教職員用インターネットメールサーバへのメールは、迷惑メール低減システムとウイルス対策システムを経て届いておりますが、 昨今のウィルス亜種派生の速さにウィルス駆除精度が追随できず、お手元のPCにウィルスメールが到着してしまうケースが発生しております。 また、PCに脅威となるメールはウィルスに留まらず、悪意をもったソフトをインストールするURLに誘導したり、プログラムコードが直接記述されている等、 従来の対策ではリスク予防が困難になっております。従いまして、教職員用インターネットメールサーバに届くメールのセキュリティ対策向上の為に、 平成29年9月11日(月)より対策システムを Symantec Email Security.cloud に変更いたします。
 なお、メール流通上の処理が変更するのみで、メールの送受信やメール転送等の利用には変更はありません。 また、利用者から教職員用インターネットメールサーバを経て発送されるメールも同様に処置されます。


 Symantec Email Security.cloud につきましては下記URLをご参照下さい。
https://www.symantec.com/ja/jp/products/messaging-security/email-security-cloud
 メールシステムに関するお問い合わせは、support@tamagawa.ac.jp か helpdesk@tamagawa.ac.jp に御願いいたします。


注意:どのようなシステムを利用しても100%予防できる対策はありません。従いまして、引き続き下記対応を御願いいたします。

  • 心当たりのないメールは速やかに削除する事、添付ファイルは開かない事
  • PCのウイルス対策ソフトのウイルス検知用データは常に最新となるようにする事
  • PCのOSやWebブラウザ、Office用ソフト等における脆弱性に対する更新プログラムがリリースされた時は速やかに適用する事
  • Symantec Email Security.cloud への変更による変更点

    悪意を持った動作を引き起こすソフトウェア(マルウェア)が添付されていたり、それらをインストールするサイトに誘導する等、 ウィルス以外のPCに脅威となるメールも駆除します。

    迷惑メールが判定されるようになります。

     PCに脅威となるあらゆるメールを駆除する為にはメールの文面を精査する必要があります。 この処理過程において一般的な迷惑メールが判定され、その結果がメールの制御情報に入るようになります(ヘッダーに"X-Spam-Flag: YES"が入ります)。
     なお、迷惑判定されたメールを教職員用インターネットメールサーバに留めておき、メールソフトで受信されなくしたり転送されないように設定することができます。 設定は下記URLより行えます。
     https://mail.tamagawa.ac.jp/cgi-bin/spam.cgi
    またお使いのメールソフトによっては、判定結果を利用して自動的に分類することが出来ます。詳しくは下方で紹介します。

    確定できないが悪意を持った振る舞いの疑いがあるメールが届いた場合は、そのメールは配送されず、その旨の通知が送られてきます。

    下記 From/Subject のメールが届き、内容が受け取る必要があるメールであった場合は support@tamagawa.ac.jp か helpdesk@tamagawa.ac.jp におしらせ下さい。

    From: alert@notification.messagelabs.com
    Subject: WARNING: One of your users was sent/tried to send a potential virus or unauthorized code

    メールソフトでの迷惑メール判定メール自動振り分け

    ThunderBirdの場合

    1. 自動振り分け先とするフォルダを、メニュー[ファイル]から[新規作成]の[フォルダ]より作成します。
    2. メニュー[ツール]から [メッセージフィルタ] を選択し[新規]をクリックします(下図)。
    3. フィルタ名に『迷惑メール』等と入力し、[新着メール受信時] のみチェックして条件のプルダウンより[カスタムヘッダ]を選択します。
    4. [追加するカスタムヘッダ] に 『X-Spam-Flag』と入力し[追加]をクリックし[OK]します。
    5. 条件のプルダウンより [が次と一致する] を選び『YES』と入力しします。
    6. [メッセージを移動する] を選択し、先に作成したフォルダを選びます。
    7. [OK]をクリックして終了です。