特別資料の紹介

特別資料のご案内

漢籍・和装本

  • 玉川大学図書館には現在、3万冊を超える和装本が所蔵されています。それらの大部分は戦時中に本学の創始者、故小原國芳先生が購入されたもので、内容は神道、仏教、地誌、往来物、本草、医学、和歌、等々、きわめて多岐にわたっています。
  • 殊に、数千冊に及ぶ往来物は、明治の文明開化期に至るまでのわが国の初等教育教科書として、わが国の教育史研究のための貴重な資料といえます。
  • 慶応3年(1867年)迄の国書12,694冊、往来物2,047冊(明治期を含む)、明治期の和装本9,235冊が冊子体所蔵目録として刊行されています。

漢籍・和装本コレクション
百人一首
源氏百人一首錦織(完)(抜粋)

特殊文庫

  • 本学に関係の深い、著名な研究者が収集・所蔵していた文献をご寄贈頂いたものが主体で、専門分野の貴重な資料が多い。
  • これらの資料は一般図書とは区別し、『特殊文庫』としてコレクションごとに収蔵されています。
  • このほか、玉川学園創立以来の同出版部からの出版物も『玉川文庫』として収蔵されています。

特殊文庫一覧

↑このページのトップに戻る