本文へスキップ

ISOMURA LABORATORY, Tamagawa University Brain Science Institute

研究業績PUBLICATIONS


||Researchmap || 2017 || 2016 || 2015 || 2014 || 2013 || 2012 || 2011
|| 2010 ||


2010年

学術論文
Prototypic seizure activity driven by mature hippocampal fast-spiking interneurons.
F.-Tsukamoto Y, Isomura Y, Imanishi M, Ninomiya T, Tsukada M, Yanagawa Y, Fukai T, Takada M.
J. Neurosci. 2010 Oct 13; 30(41):13679-89.
 海馬の同期的オシレーション活動(てんかん発作)がGABA作動性の介在細胞のネットワークで起こる仕組みを解明しました。 (この研究成果は、毎日新聞(10月13日夕刊)、朝日新聞(10月13日)、科学新聞(10月22日)で紹介されました。)詳細

Near scale-free dynamics in neural population of waking/sleeping rats revealed by multiscale analysis.
Safonov LA, Isomura Y, Kang S, Struzik ZR, Fukai T, Cateau H.
PLoS ONE. 2010 Sep 28; 5(9). pii: e12869.
 運動野細胞の発火パターンの統計学的解析です(理研BSIとの共同研究)。

Theta oscillations in primate prefrontal and anterior cingulate cortices in forewarned reaction time tasks.
Tsujimoto T, Shimazu H, Isomura Y, Sasaki K.
J Neurophysiol. 2010 Feb;103(2):827-43.
 霊長類の前頭前野と前帯状皮質にみられる行動関連シータ・オシレーションの研究です(生理学研究所との共同研究)。

Accurate spike sorting for multi-unit recordings.
Takekawa T, Isomura Y, Fukai T.
Eur J Neurosci. 2010 Jan;31(2):263-72.
 高精度スパイクソーティング・ソフトウェアEToSの理論的基盤の研究です(理研BSIとの共同研究)。
学会発表
自発性運動の皮質回路機構−新しい行動・生理学的アプローチ−.
礒村 宜和
ニューロコンピューティング研究会(MEとバイオサイバネティクス研究会併催) (仙台) 2010年11月18日

Response properties of GABAergic and excitatory neurons in visual cortex of awake rats, revealed by two-photon functional calcium imaging.
Kimura R, Sohya K, Ebina T, Isomura Y, Yanagawa Y, Cateau H, Tsumoto T
Neuro2010 (The 33rd annual meeting of the Japan Neuroscience Society) (Kobe) 2010年9月4日

Different patterns of precursory afterdischarge generated in hippocampal/cortical subareas.
Tsukamoto Y, Isomura Y, Imanishi M, Tsukada M, Takada M
Neuro2010 (The 33rd annual meeting of the Japan Neuroscience Society) (Kobe) 2010年9月3日

The spatial-temporal characteristics of synaptic EPSP summation on the dendritic trees of hippocampal CA1 pyramidal neurons using laser uncaging stimulation.
Yoneyama M, Fukushima Y, Kojima H, Isomura Y, Aihara T, Tsukada M
Neuro2010 (The 33rd annual meeting of the Japan Neuroscience Society) (Kobe) 2010年9月2日)

運動発現の皮質内回路機構.
礒村 宜和
第25回日本大脳基底核研究会 (福島) 2010年8月1日

Different activations among entorhinal and hippocampal subregions by neocortical slow oscillations.
Isomura Y
The 87th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan (Morioka) 2010年7月27日

Microcircuitry mechanism underlying self-initiation of voluntary movements.
Isomura Y
The 5th Neural Microcircuitry Conference (Tokyo) 2010年6月29日

運動発現の皮質内回路機構.
礒村 宜和
京都大学脳のセミナー(京都) 2010年5月11日
その他
SSH生徒研究発表会 ポスター発表で第3位 2010年8月3、4日
当研究室が研究協力している玉川学園高等部・中等部のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の「SSH生徒研究発表会」において、118校が参加したポスター発表で、玉川学園高等部・中等部が来場者投票ランキング第3位となりました。

バナースペース

玉川大学脳科学研究所 礒村研究室

〒194-8610
東京都町田市玉川学園6-1-1

TEL 042-739-8430
FAX 042-739-7221