本文へスキップ

ISOMURA LABORATORY, Tamagawa University Brain Science Institute


>> HOME 

研究業績PUBLICATIONS


||Researchmap || 2017 || 2016 || 2015 || 2014 || 2013 || 2012 || 2011
|| 2010 ||


2014年

学術論文・著書
Glial dysfunction in the mouse habenula causes depressive-like distinct -like behaviors and sleep disturbance.
Cui W, Mizukami H, Yanagisawa M, Aida T, Nomura M, Isomura Y, Takayanagi R, Ozawa K, Tanaka K & Aizawa H
The Journal of Neuroscience. 2014 Dec 3;34(49):16273-85
 手綱核のグルタミン酸輸送体GLT-1を欠損させたマウスのうつ病様行動異常に関する研究です(東京医歯大・田中光一研究室の相澤秀紀先生との共同研究)。

Two distinct layer-specific dynamics of cortical ensembles during learning of a motor task.
Masamizu Y, Tanaka YR, Tanaka YH, Hira R, Ohkubo F, Kitamura K, Isomura Y, Okada T, Matsuzaki M.
Nat Neurosci. 2014 Jul;17(7):987-94
 松崎政紀研究室(基生研)の正水・田中両博士が、マウスの運動学習に伴う運動野の第2/3層と第5層の細胞活動の変化を、二光子レーザー走査型顕微鏡のカルシウムイメージングによって2週間にわたり追跡した研究です(共同研究)。

Different modulation of common motor information in rat primary and secondary motor cortices..
Saiki A, Kimura R, Samura T, Fujiwara-Tsukamoto Y, Sakai Y, Isomura Y..
PLoS One. 2014 Jun 3;9(6):e98662.
 ラットの一次運動野と二次運動野は共通した運動情報を示しつつ、両領野間の活動はそれぞれ異なる修飾を受けていることを報告した論文です。

Input integration around the dendritic branches in hippocampal dentate granule cells.
Kamijo TC, Hayakawa HT, Fukushima Y, Kubota Y, Isomura Y, Tsukada M, Aihara T.
Cogn Neurodyn. 2014 Jan, DOI 10.1007/s11571-014-9280-6

 UVアンケージングを使った海馬スライスの歯状回細胞の樹状突起のシナプス統合に関する研究です(玉川大・相原研究室との共同研究)
国際学会・
シンポジウム
Distinct types of hippocampal sharp-wave ripples during reward-expecting behavior
Samura T, Saiki A, Aizawa H, Aihara T, Isomura Y, Sakai Y
International symposium, "Vision, Memory, Thought : how congnition emerges from neural network" (東京)2014年12月6日
国内学会・
シンポジウム
大脳皮質-基底核回路メカニズムの探索~オペラント学習課題を活かして~.
礒村宜和
平成26年度生理学研究所研究会 記憶回路研究会(岡崎)2014年10月8日

Motor and reward information in direct and indirect pathway neurons. 
Isomura Y
Neuroscience 2014, The 37th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Yokohama) 2014年9月13日

ブレないアタマで挑む電気生理実験. 
礒村宜和
第37回日本神経科学大会Neuroscience2014(横浜)2014年9月11日   

Different modulation of common motor information in rodent primary and secondary motor cortices.
Saiki A, Kimura R, Samura T, Fujiwara-Tsukamoto Y, Sakai Y & Isomura Y
Neuroscience 2014, The 37th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Yokohama) 2014年9月11日

Population characteristics of spike synchrony in rat motor cortices during movement task.
Kimura R, Sakai Y, Saiki A, Fujiwara-Tsukamoto Y & Isomura Y
Neuroscience 2014, The 37th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Yokohama) 2014年9月11日

Motor and reward information in striatal direct and indirect pathway neurons.
礒村宜和
生理学研究所国際研究集会(Neuroscience2014サテライトシンポジウム)(岡崎)2014年9月8日

Motor and reward information in direct and indirect pathway neurons.
礒村宜和
第3回大脳基底核機能研究会(玉川大学、東京)2014年7月24日
その他
心理学辞典(誠信書房、下山晴彦編) 神経系の構造と機能(1): 460-462.(2014年)礒村宜和

バナースペース

玉川大学脳科学研究所 礒村研究室

〒194-8610
東京都町田市玉川学園6-1-1

TEL 042-739-8430
FAX 042-739-7221