2020年4月、「STREAM Hall 2019」がオープン!モノづくりの拠点「メーカールーム」始動!

エンジニアリングデザイン学科の3つのプログラム

商品デザインプログラム

デジタルものづくりプログラム

ロボットプログラム

イノベーションを起こすエンジニア、デザイナーになろう!

本学科では、授業はもちろん、課外活動でも教員が親身になって手厚い指導を行っております。    
学生が主体となって取り組んだ活動は、コンテストなどで積極的に発表し、数々の実績を上げています。

Topics1 「2019 WGC・ソーラーカー・ラリー」グリーンフリートチャレンジ部門で優勝!
Topics2 日本ロボット学会学術講演会「RSNPコンテスト2019」においてグッドコンセプト賞を受賞!
Topics3 3年連続!!「デザインパテントコンテスト」で優秀賞を受賞!

商品デザインプログラム

科学的な視点でデザインを考察し
人と環境にやさしい商品づくりを

科学的思考力とデザイン力の双方を兼ね備えた技術者を育成

商品づくりをするうえで、人間の身体的・心理的な特性や環境を科学的なデータに基づき分析し、安全で使い勝手がよく環境にもやさしい商品とは何であるかを考察します。多様な授業をとおして、科学的思考力とデザイン力を修得。商品の企画からデザイン・開発・販売まで幅広く活躍できる人材を育成します。また、関連する法律にも触れることで特許取得などにかかわる知財教育も行っています。

デジタルものづくりプログラム

デジタルマシンを活用し
現代のものづくりをリードする人に

最先端のマシンを扱うスキルを修得し、デザインものづくりの今後を担う技術を養う

3D-CADの画面上で、つくりたいモノをデザインし、3Dプリンターやレーザーカッターなどのデジタルマシンを用いて実際にモノを製造する方法を基礎から学修。さまざまな機能材料の形状・材質や効率的な製造法についても理解を深め、CADやデジタル生産加工に精通したエンジニアをめざします。従来の時間やコストのかかる工程ではなく、効率的な未来のものづくりを学修します。

ロボットプログラム

人に貢献できるロボットの
設計・開発に不可欠な力を養う

21世紀型のロボティクスを支える、専門的な工学人材を養成

ロボットの設計・製作をメインとしたプログラムで、ロボット・スーツや移動ロボットなど、さまざまな分野において人に役立つロボットの開発を行います。また、馬や犬などの動物が持つ生体機能や制御を扱うバイオミメティクス(生体模倣技術)も取り入れます。機構学や機械力学、設計製図などを学び、ロボット製作をとおして設計や開発に不可欠な能力を修得していきます。それぞれの想いを形にできるデザイン能力を磨きます。

エンジニアリングデザイン学科で取得できる資格

  • 基本情報技術者
  • 3Dプリンター活用技術検定
  • 学芸員

※履修状況により、取得可能な資格が異なります。

  • 宗教文化士
  • CAD利用技術者
  • TAPリーダー