研究室ガイド

合格者の方へ

玉川大学 入試Navi

卒業生から後輩へ伝えたいメッセージVOICE

平成29年度リベラルアーツ学部卒業生

平成29年度 リベラルアーツ学部長賞・学科長賞を受賞した卒業生から、後輩の皆さんへメッセージをお届けします。

奥村 舞
玉川大学だからこそ、そしてリベラルアーツ学部だからこそ得ることのできるもの、学びがたくさんあると思います。さまざまな場面で指導し支えてくださる先生方、どのような時も励まし合い、助け合える仲間、さらに学内の施設など、とても恵まれていると感じました。いろいろなことに挑戦して、楽しく、充実した大学生活を送ってください。

鈴木 美穂
小さな専門や興味の外に”大きな知の世界”があることに気づける場所、それが大学であり、特にリベラルアーツ学部の特色だと思います。ぜひ、他の専門や興味・関心を持つ同輩と大いに語り合い、そこから誰の真似でもない、自分の確固たる意志や考えを見出してください。私も頑張ります、皆さんも頑張ってください。応援しています。

渡邊 郁斗
前向きに挑み続ける人間は、魅力的に映るものです。興味・関心のあるものにはすぐに飛びつき、ひたむきに努力してみる。すると、あなたの姿は周囲の人に魅力的に映っているはず。4年間はあっという間に過ぎ去ります。何事にも貪欲に、何より楽しみながら。大切な仲間と一緒に、あなたの可能性を広げていってください。

日髙 真彩
大学生活での宝は人との出会いです。将来の不安や様々な悩みがあると思いますが、友人と助けあいながら楽しむことを大切に、大学生活を送ってください。

齋藤 美和
リベラルアーツ学部は大学生活の中身の部分を、自分で考え、選ぶことができ、自分の興味に合わせて創り上げられる学部だと思います。多くの刺激を受けるこの4年間で、是非柔軟にいろいろなことに挑戦し、あなたにとって実りのある大学生活を創り上げてください。

磯野 真那
ぜひ、様々なことに挑戦してください。「経験」は武器になります。仲間とだから味わえる楽しさや感動も、大学生活を充実させるための大切な要素です。しかし、それと同じぐらい、苦しいことや上手くいかないことも大切にしてください。「壁を乗り越えられた」ということが自信になります。そして、自分でも気付かないうちに、きっと成長しているはずです。今後のみなさんの活躍を楽しみにしています。

鈴木 慎之介
私は4年間、「感謝の心」をずっと大切にしてきました。授業を受けられること、部活動ができること、先生方から指導を受けること、すべて当たり前のことではありません。これからも大学で過ごす時間を大切に、困難なことにチャレンジしていってください。

蛭子 進太郎
自分の将来の道筋は、誰も教えてはくれません。リベラルアーツ学部では、自分の将来を常に意識し、何が必要なのか、何をすべきなのかを考え行動することが大切であると気づき、この4年間を過ごしました。皆さんもそのように学生生活を送っていることでしょう。その中で、何か新しいことに挑戦する機会があれば惜しみなく挑戦していってください。きっと新しい自分を見つけることができるはずです。4年間の経験は必ず力になります。自分を信じてこれからも全力で物事に向かってください。そして、より豊かな人間になって、この玉川大学を巣立っていってください。

櫻井 萌子
大学では様々なことを学び、経験することができます。たくさん経験することで、少しずつ自分の将来が見えてくると思います。また、いつかその経験が役に立つ時がくると思います。是非、多くのことに挑戦し、悔いの残らない大学生活を過ごしてください。

海藤 千夏
やりたいことに全力で取り組む4年間を過ごすと、将来進む道も自ずと見えてきます。リベラルアーツ学部での学び方は本当に人それぞれです。私は他の人と比べずに自分のやるべきことをしっかりやるということを意識して大学生活を過ごしました。様々な専門分野の先生方、やりたいことに真剣に取り組んでいる友達や留学生に出会い時間を共有することで、物事をあらゆる角度から見る力が育ちます。自由に考えて行動できる学部だからこそ、得られる考察力や行動力は卒業後の自分にとって大きな武器になります。この学部は自分次第で予想もしない経験をすることが出来ると考えています。1つ1つの経験は次に繋がっている、という気持ちで自分らしい4年間を過ごしてください。