研究室ガイド

合格者の方へ

玉川大学 入試Navi

卒業生から後輩へ伝えたいメッセージVOICE

令和元年度リベラルアーツ学部卒業生

令和元年度 リベラルアーツ学部長賞・学科長賞を受賞した卒業生から、後輩の皆さんへメッセージをお届けします。

萱森 翔太
「世の中と云ものは「かきがら計」である。人間と云ものは世の中のかきがらの中にすんでおるものであるわい、おかしおかし。」これは薩長同盟を成した坂本龍馬の言葉です。リベラルアーツ教育は、広く独自の視野で物事を認識する力を付けることができます。貪欲に学び「牡蠣の殻」を破ってください。応援しています。

関戸 みなみ
大学では様々なことを経験し、学ぶことができます。私自身もリベラルアーツ学部に入り、様々なことを経験しました。その中で壁にぶつかることもありましたが、友人や先生方に支えられて乗り越えることが出来ました。この経験は将来役に立つ時がくると思います。ぜひ色々なことに挑戦し、1つ1つの経験を大切にして4年間を過ごして下さい。

河原 健一
自分自身の選択の幅を広げるためにも、まずは「やるべきこと」をしっかりとやって下さい。簡単そうに聞こえるかもしれませんが、これを継続することはとても難しいことです。そして、リベラルアーツ学部という環境で是非、様々なことに挑戦してみて下さい。その経験が役に立つ時が必ずやってきます。皆さんの学生生活がより充実したものとなるよう、心から応援しております。

上遠野 依子
リベラルアーツ学部は、幅広い分野を学ぶことができ、また様々な活動に参加できる機会があるため、自分の新たな可能性を見出すことのできる学部だと考えます。私自身、多くの経験を積んだことで、「本当にやりたいこと」を見つけ、胸を張って卒業できました。ぜひ色んなことに挑戦して、悔いのない学生生活を送ってください。

中村 美優
リベラルアーツ学部での学びは、自分がどのようなことが好きで、どのようなことを学びたいのかを見つけることができるものだと思います。不透明な現代だからこそ、自身を見つめなおし、後悔のない大学生活を送ってください。

塩野 英
リベラルアーツ学科では、文系理系の枠にとらわれることなく自分が興味関心を持った様々な分野を学ぶことができます。そして、同じように様々な分野に興味を持つ仲間に出会うことができるため、互いに刺激されながら自分の視野を広げることができると思います。リベラルアーツ学科で皆さんが新しい視野を身につけ、有意義な大学生生活を送れるように願っています。

深井 麻菜美
是非沢山のことに挑戦し、経験を積んでください。そして自分の興味に合った学問を見つけ、沢山学んでください。多くの経験や学を身につけることは、想像以上に楽しく貴重なもので、自らを大きく成長させてくれます。そのための時間が多くあるのが学生の特権です。是非この貴重な時間を有意義に過ごして下さい

小野邉 雅俊
4年間という時間は長いようで過ごし方によっては非常に短い時間にもなる。その時間を自分にとって価値あるものにできるかはまさに自分次第だと思います。リベラルアーツ学部は、様々な学びを通して自分の可能性の幅を広げることのできる学部です。限りある4年間、どうせなら自分ととことん向き合ってみるのも良いのではないでしょうか。皆さんが豊かな大学生活を送れるよう応援しています。

竹下 洋平
在校生の皆さん、大学生活はたった4年間しかありません。また、今までとは異なる環境で戸惑うこともあるかと思います。しかし、その戸惑いに屈することなく勇気を出して一歩を踏み出してください。その先には、今までにはなかった体験をすることができるはずです。その体験をする中でかけがえのない出逢いもあります。その仲間たちは、今後の人生においてもきっと助けになってくれることがあると思います。なので、大学生活でしかすることの出来ない体験や出逢いをたくさん探してみて下さい。それは、必ず自分を成長させてくれます。その成長を経て、胸を張って卒業できるように有意義な時間を過ごして下さい。

加藤莉帆
リベラルアーツ学部は様々な分野について学ぶことができるとともに、自分が深めたい分野を深めていくことができる場所でもあります。そして様々なことに興味を持ち、何事にも積極的に挑戦していくことが未来の自分をつくる糧になり、その経験は一生の宝物になります。毎日を大切に、有意義な大学生活を送ってください。そして、出会った人達との関わりを大切にしてください。皆さんのことを心から応援しています。