オンライン・データベース利用ガイド 玉川大学 教育学術情報図書館
オンライン・データベース利用ガイドTOP 玉川大学 教育学術情報図書館 玉川大学
検索までの流れ
各ステップをクリックすると詳細がご覧になれます。
step2

●検索したいテーマに合致するデータベースを選びましょう
データベースは、その内容によって、次の二つに分類されます。
(1または2、あるいはその両方を収録したものがあります)

1.レファレンスデータベース:文献データベース
文献や記事の書誌事項(タイトル・著者名・出版社・収録雑誌名・巻号数・ページ数など)・ 索引や抄録(要約・あらすじ)を収録。
2.ファクト・データベース:ソース・データベース
文献や記事の全文(フルテキスト)、統計・数値データなど事実そのものを収録。

 


●調べる目的を確認する
どのような目的で情報を集めたいのかをハッキリさせておきましょう。

目的に応じた検索方法

主題調査:あるテーマについてどのような論文や文献があるかを調べる。
書誌調査:著者名、書名・雑誌名、出版社、巻号数、ページ数などを調べる。
所蔵調査:論文や文献がどこの図書館に有るのかを調べる。


この調査目的に合わせて、何を使って調べるかを選択します。


▲このページのトップに戻る

オンライン・データベース利用ガイドTOP
データベースとは
検索までの流れ
Step1
Step2
Step3
Step4
Step5
Step6
Copyright(C)TAMAGAWA GAKUEN 1996- All Rights Reserved.
調査目的・内容を明確にする データベースを選ぶ 検索語を選ぶ 検索式の作成 検索結果の評価 文献の入手