機械情報システム学科

大森隆司先生(認知アーキテクチャ研究室研究室)

研究のキーワード認知科学  知能情報学  認知過程  人工知能  脳認知計算モデル  ロボットカー

たちが目指しているのは、心の振る舞いを脳の情報処理として明らかにし、ある程度明確になるものについてはアルゴリズムとして記述し、さらに人工的な手段によって再現することです。これができると、未来の生活に“パートナーロボット”や様々な生活支援機器を実現できます。具体的には、以下にあげるような限定された場面・課題における人間の心の働きを、計算機シミュレーションや行動実験、脳計測などの手段を用いて明らかにし、心を構成する脳の情報処理の基本動作原理、すなわち「認知アーキテクチャ」を解明して計算モデル化しようと取り組んでいます。

ロボットの対人インタラクション方式の開発と検証

「意図や希望の推測」まで含んだ現実の多様性に対応するロボットの実現のため、幼稚園などで保育士さんのお手伝いをしながら子どもの遊び相手にもなるロボットの開発を、ロボット工房や、脳科学研究所との共同研究を進めています。

行動や言語の発達過程の解明と計算モデル化

人間は、全く同じゲームをしても、対人場面では積極的に行動を探索するが、対機械となったとたんに行動が単調になることが判明しました。この結果から我々は、対人インタラクションのような社会的場面で人間がどのような方法によって適切な行動を取るのか探れるのではないかと考えています。

大森隆司先生(認知アーキテクチャ研究室研究室)

おもしろ工学部大森隆司先生のページ

このページのトップに戻る