工学部から4つのメッセージ

玉川大学工学部 > 工学部から4つのメッセージ

「工学」から「サイエンス」へ

ハード系(機械情報システム学科)とソフト系(ソフトウェアサイエンス学科・マネジメントサイエンス学科)の2分野で無限の可能性に挑戦

理系・文系の区別なく諸君の挑戦を受け入れ可能な学科構成

基幹技術(機械・電子・情報)をオールラウンドに身につけた多機能技術者を養成





神なき知育は知恵ある悪魔をつくることなり
工学部開設にあたり、科学を志す人々に対しての、創立者の思いがこめられた言葉である。科学技術の進歩は、明と暗の両面を持つ。平和利用されれば人間社会を豊かにし、戦争に利用されれば、多くの人間の命を奪う。この言葉には、「人間至上主義的・科学万能主義的な考え方や教育が、人の姿をした悪魔をつくっているのではないか。科学技術を学ぶ者も、人間を超越した存在を知り、神を畏怖する心を持った人でなくてはいけない」との強い願いがこめられている。現在工学部校舎入り口壁面の石碑に刻まれている。

このページのトップに戻る