玉川大学教育博物館 館蔵資料の紹介(デジタルアーカイブ)

教育博物館では、近世・近代の日本教育史関係資料を主体とし、広く芸術資料、民俗資料、考古資料、シュヴァイツァー関係資料、玉川学園史及び創立者小原國芳関係資料などを収蔵しております。3万点以上におよぶ資料の中から、月刊誌「全人」にてご紹介した記事を掲載しています。
全人掲載年

玉川大学教育博物館
〒194-8610
東京都町田市玉川学園6-1-1
Tel:042-739-8656
Fax:042-739-8654
mail:museum@tamagawa.ac.jp

館蔵資料の紹介 2016年

玉川大学教育博物館 > 館蔵資料の紹介 > 2016年 > ガスパールへ、父親ホアキンからの手紙

ガスパールへ、父親ホアキンからの手紙

ガスパールへ、父親ホアキンからの手紙

便箋 縦 27.2×横 21.3cm
封筒 縦 12.4×横 14.8cm 紙、ペン
1926年3月3日(水)バルセロナ

世界的チェリスト、ガスパール・カサドの父親ホアキン・カサドもまた名を知られた音楽家で、主に作曲家として活躍した。幼少のガスパールは父親から音楽の手ほどきを受けてまたたく間に頭角を現し、やがてスペインを代表する音楽家となる。

便箋と封筒に、カサドの母親アグースティーナが営んでいた楽器店「Cassadó y Moreu」のレターヘッドが確認できるこの手紙は、父親ホアキンから息子ガスパールの滞在先であったローマ・インペリアルホテル宛に送られた。内容は、息子の息災と順調な演奏活動を喜び、この先もうまくいくよう願っていること、また、バルセロナのリセウ劇場で聴いたレスピーギ作曲の交響詩《ローマの松》が大変素晴らしく、もしレスピーギと会ったら、お祝いの言葉を伝えてほしいというものである。ここから、若きガスパールと、イタリアを代表する作曲家レスピーギとの親交を知ることができる。ホアキンが亡くなったのは、この手紙を出してから約2カ月後、5月のことだった。

「全人」2016年12月号(No.811)より

前の記事を見る  

玉川大学教育博物館

このページの一番上に戻る