第41回ミツバチ科学研究会のお知らせ

第41回ミツバチ科学研究会は2019年2月17日(日)に開催されます.
(例年よりも1か月遅い開催です.日程をよくご確認下さい)

会場:University Concert Hall 2016
開場:12時30分
開会:13時30分
会費:1000円(懇親会費:4000円)

第41回となる今回は,ミツバチヘギイタダニ防除の最前線,プロポリスの健康機能,養蜂経営における女性の貢献,社会性ハチ類の不思議な生態と,多彩な演題を用意して皆様をお待ちしています.詳細(プログラムおよび会場案内図付き)は以下からダウンロードできます.

第41回ミツバチ科学研究会
案内状・プログラム・地図

ご注意!!

今回より,参加のお申し込み方法が大幅に変更となり,会費は参加のお申し込みにあたって事前振り込み制となります.なお,当日の受付はありませんので,ご注意下さい.

研究会の参加申し込み方法についてはこちらをご参照下さい

研究会の申込方法が
新しくなりました!


参加のお申し込みはwebサイトから可能です(Google Formを利用しています).下記のリンクにお進みいただき,参加申込フォームに必要事項を入力して下さい(お手数ですが,参加される方,お一人ずつ入力して下さい).参加費・懇親会費は,同行される方全員分を合算してお振り込みいただけます.

参加申込フォームに
アクセスする


従来通り,FAXでのお申し込みも受け付けております.
FAX:042-739-8338
以下の用紙をご利用下さい(会費の事前振り込みは必要です).
第41回ミツバチ科学研究会参加申込書(FAX用)
第41回ミツバチ科学研究会参加申込書(ご同伴者用)
ご同伴者の会費は,合算してお振り込みいただけます.

参加ご希望の方は,2月1日までにお申し込み下さい!

一度お申し込みされた参加をキャンセルされる場合,以下のサイトにアクセスして下さい.2月6日までにキャンセルいただいた場合には,参加費としてお振り込みいただいた金額から振込手数料を差し引いた金額を返金いたします.以下のフォームにアクセスして,必要事項を入力して下さい.

キャンセルフォームに
アクセスする

お申し込みに関するお問い合わせはEmailでお願いいたします(電話ではお受けできません).

Email:HSRC@agr.tamagawa.ac.jp

 

 

 

「昆虫と自然」〜特集:ミツバチの生物学

ニューサイエンス社が刊行する「昆虫と自然」の2018年5月号に,「ミツバチの生物学」と題して,全5本の記事による特集が掲載されました.当センターのメンバーも執筆に加わりましたので紹介します.

本号には,そのほかにも,ミツバチやハナバチ関連の記事が多数掲載されています.こちらもぜひご参考下さい.

なお,特集号のお求めは,ニューサイエンス社の以下のサイトをご覧下さい.


特集号掲載ページ

当センターのメンバーが執筆参加した記事は以下の通りです.

記事タイトル 著者
総論 「ミツバチの生物学」特集に寄せて 小野正人
世界のミツバチ属(Apis)の最新の分類体系 高橋純一・小野正人
ミツバチの行動と生態および生活史 佐々木謙・原野健一
ミツバチの分子生物学:カースト分化の分子機構はどこまで分かったか? 宮崎智史・佐々木哲彦
ミツバチと人類〜養蜂 浅田真一・中村純


ミツバチ科学研究センター人事情報

主任
ミツバチ科学研究センターでは4月1日より,佐々木哲彦教授が研究センターの主任(任期制)に就任しました.

異動
中村純教授は,農学部先端食農学科へ異動となりました(ミツバチ科学研究センターは兼任).

昇格
佐々木謙教授,原野健一教授
上記2名が教授に昇格しました.

このサイトについて
更新情報
このサイトの使い方
 
「ミツバチ科学」
お問い合わせ
ミツバチへの質問
 
あちらのミツバチ
アジア養蜂研究協会
玉川大学農学部