研究室ガイド

玉川大学 入試Navi

世界がわかる、自分がかわる。玉川大学 リベラルアーツ学部の魅力

本学の教育理念に共感し、
自己の学修を高めるために主体的に行動できる、
学修意欲の高い学生、
多様性を認め合い、目的意識を高くもった学生を望みます。
リベラルアーツ学科では
異なる意見や文化を持つ人と協働できる幅広い教養を有した人材、
特にグローバル化した世界と
現代日本の姿を様々な視点を通して理解し、
自ら問題を設定し、
その問題解決に貢献できる 高い思考力と
論理力を持った学生の育成を目的としています。

カリキュラムの特色

学際的学びで幅広い知識と視野を養う4つの領域と7つのメジャー(専攻分野)

学びの展開

推進力を養う

専攻期では、学内に加えオフキャンパス・スタディーズの体験を生かし、社会貢献を意識しながら各自の専攻分野のプロジェクトを推進します。また、さまざまな演習科目で学んだ研究手法を応用し、卒業論文や卒業制作などのリベラルアーツプロジェクトに取り組みます。

新規道の計画の住宅地における交通環境調査

フィールドリサーチ

フィールドリサーチ

実践力を養う

発展期では、多様な演習科目を受講し、学習トピックに取り組みます。また、他7学部で開講されている専門基礎科目を履修することができます。オフキャンパス・スタディーズ(海外留学・国内外の企業インターンシップなど)の体験的学習への参加が選択可能です。

社会・地域で学ぶ実践力

インターンシップ

インターンシップ

構想力を養う

導入期では、日本語・英語のコミュニケーション能力と、情報処理スキル、プレゼンテーションスキルの育成に力点をおき、さまざまなメジャーの基礎科目を複数学修します。

情報収集や研究を推し進める力をつける体験型学習

フレッシュマン・プロジェクト

フレッシュマン・プロジェクト
学びの3 Stepで、実践的で多様な学びを展開
卒業生・在校生の声

卒業生・在校生の声

News