「教員養成の玉川」と呼ばれるのには、理由があります。

「教員養成の玉川」と呼ばれる、5つの理由

玉川大学は「教員養成の玉川」として、よく知られています。
なぜそう呼ばれているのでしょうか。
数多くの教員を育ててきた実績があるから?
もちろんそれもありますが、それだけではありません。

玉川大学が「教員養成の玉川」と呼ばれるのは
大学を巣立った卒業生たちが教師として大切なものをしっかり身につけて、
「先生」としてはもちろん、ほかの「人」を育てる分野や業界でも活躍しているから。

その成長を促したものが、玉川大学が創立時から重んじてきた
大学独自の教育の中に込められているからです。

1体験教育と現場体験

「労作」を受け継ぐ体験教育で、高い実践力を養成

創立者・小原國芳は「自ら考え、自ら体験し、自ら試み、創り、行うことによってこそ、真の知育、徳育が成就する」と考え、「知行合一の強固なる意志と実践力を持った人間形成」を目指す「労作」教育を重視しました。「労作」の「作」は、創作の作のことで、“自ら汗して創る”創造的な活動だといえるでしょう。その中でも「一級品に触れる」本物体験を重視。こうした「労作」の理念は、教育学部のさまざまな体験教育として発展的につながり、教員としての実践力養成に大いに活かされています。

小原國芳イメージ画像

いつも学生とともにあった小原國芳。
学びの中に労作を積極的に取り入れました。

全人教育

2教育学部の学び

社会で求められる以上の力を養う、それが教育学部の強み

教員として専門的な能力を備えておくのは当然のこと。それだけにとどまらず、これからの時代には、たえまなく変化する社会の中でいち早く課題を見ぬき、それに対応した新しい実践を生み出すことのできる、チャレンジングで創造的な力が大切です。それは21世紀の社会に不可欠なスキルともいえます。
教育学部では、そうした未来を切り拓く力を養い、それぞれが求められる場で力を発揮できるよう、学びを展開しています。

「K-12」一貫教育という、先進的な取り組み。

3教育学科

多様な希望に応える「3専攻制」

キャンパスの中に幼稚部、小学部、中学部、高等部が併設されており、日頃から子どもたちに接することができます。学生の教育インターンシップも受け入れており、そこでは「K-12」一貫教育※という先進的な取り組みが行われています。また、大学の脳科学研究所では心の発達や知能の研究、赤ちゃんの調査・研究など、「教育」にかかわる独自の研究が行われています。このような最先端の教育実践や研究活動も、教員を目指す学生にとって有意義な勉強の場となり、刺激となっています。
※幼稚園から高校までの15年間をひとつの教育期間とした新しい教育体制で、文部科学省が進め始めた教育施策。

  • 保健体育の教員を目指したい
  • 幼稚園・小学校教員を目指したい
  • 社会科の教員を目指したい
スペシャリストを育成する

4乳幼児発達学科

全国の教育現場で高い評価を受ける、玉川出身の教員

ここに紹介したような教育内容を背景に、玉川大学教育学部では、これまで全国に数多くの卒業生教員を輩出。
全国の教育現場で高い評価を受ける玉川出身の教員は、皆さんが教員となってからも、先輩や上司として大きな力となってくれるでしょう。

  • 幼稚園教諭、認定こども園保育教諭を目指したい
  • 保育所保育士、認定こども園保育教諭を目指したい
  • 児童養護施設、乳児院等の保育士を目指したい
全国で活躍する玉川出身の教員・保育士数

5キャリア支援

「教員養成の玉川」の実績を活かして4年間をフルサポート

教育学部で養成する人材に対して、社会の各分野からの評価は高く、卒業生は教育界だけでなく、公務員や民間企業など、さまざまな分野に進んでいます。そのような多様な進路に対応し、教師教育リサーチセンター(教員・保育士支援担当)とキャリアセンター(民間企業・公務員支援担当)を設置。両センターが連携しながら、本学部で身につけた力を存分に発揮できるよう、キャリアの実現に向けてサポートを行っています。

〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
Tel:042-739-8111(代表)

玉川大学入試Navi

ページトップへ