本文へスキップ

ISOMURA LABORATORY, Tamagawa University Brain Science Institute


>> HOME 

研究業績PUBLICATIONS


||Researchmap || 2017 || 2016 || 2015 || 2014 || 2013 || 2012 || 2011
|| 2010 ||


2017年

学術論文・著書
Continuous membrane potential fluctuations in motor cortex and
striatum neurons during voluntary forelimb movements and pauses.
Nonomura S, Fujiwara-Tsukamoto Y, Kajihara T, Fujiyama F, Isomura Y
Neurosci Res (in press)
ラットが前肢運動を発現する際に、運動野と線条体の細胞の膜電位変化を
ホールセル記録し解析した研究です(同志社大・藤山文乃研究室との共同研究)

Medial frontal circuit dynamics represents probabilistic choices for unfamiliar sensory experience.
Handa T, Takekawa T, Harukuni R, Isomura Y, Fukai T
Cerebral cortex (in press)
音刺激を弁別してリッキング選択の意思決定をする際の前頭野内側部の
神経活動を解析した研究です(理研BSI・深井研究室との共著研究)。

In vivo spiking dynamics of intra- and extratelencephalic projection neurons in rat motor cortex.
Saiki A, Sakai Y, Fukabori R, Soma S, Yoshida J, Kawabata M, Yawo H, Kobayashi K, Kimura M, Isomura Y
Cerebral cortex (in press)
マルチニューロン記録とオプトジェネティクスを組み合わせて記録細胞の投射先を
効率よく決定するMulti-Linc法(初期型)の開発と有用性の実証に関する研究です。

Large-scale analysis reveals populational contributions of cortical spike rate
and synchrony to behavioral functions.
Kimura R, Saiki A, Fujiwara-Tsukamoto Y, Sakai Y, Isomura Y
The Journal of physiology 595(1) 385-413
前肢運動に関わるラット一次・二次運動野の神経細胞ペアの発火同期性を
定量的に解析した研究です。
国内学会・
シンポジウム
脳活動計測に適したラットの行動学習システム.
礒村 宜和
第10回ラットリソースリサーチ研究会
(京都市左京区 京都大学医学部) 2017年2月3日

ラットの行動を担う大脳皮質回路を探る.
礒村 宜和
埼玉大学脳科学セミナー(埼玉県大宮市 埼玉大学) 2017年1月31日

バナースペース

玉川大学脳科学研究所 礒村研究室

〒194-8610
東京都町田市玉川学園6-1-1

TEL 042-739-8430
FAX 042-739-7221