本文へスキップ

ISOMURA LABORATORY, Tamagawa University Brain Science Institute


>> HOME 

研究リソースRESOURCES

脳定位固定装置(慢性ラット用)

新型脳定位固定装置(慢性ラット用)
新型の慢性ラット脳定位固定装置が完成しました(ナリシゲとの共同開発)。

<図1> 旧型(左奥)と新型(右手前)のヘッドアタッチメント(固定具)。新型固定具(ステンレス製)は、強さそのままで、小さく、薄く、軽く、しかも廉価になりました。動物のストレスを低減するうえ、レンズや複数の電極の接近も容易です。

<図2> 旧型固定具用のスライド式レセプタクル(受け具)です(Isomura et al.,2009で使用)。






<図3> 新型固定具用のスライド式レセプタクル(受け具)です。後方より固定具をスムーズにスライド誘導して、右側の斜めのネジだけでがっちりと固定することができます(左側のネジは補助固定用オプション)。視界の妨げを減らし、前後の適用範囲が大きいのも特長です。


ご興味のある方は、ナリシゲに直接お問い合わせください。


オペラント行動実験装置 TaskForcer

小原医科産業(株)と共同開発した高効率のラット用オペラント行動実験装置 (Kimura et al., 2012) のオール-イン-ワン・パッケージです。 ハードウェア・ソフトウェアともに各種のカスタマイズが可能です。
ご興味のある方は、小原医科産業(株)まで直接お問い合わせください。

  TaskForcer Leaflet(製造委託:小原医科産業株式会社)
  TaskForcer Video

スパイク・ソーティング・ソフトウエア EToS

理研BSIの竹川高志博士が中心となって開発した高精度の自動スパイク・ソーティン グ・ソフトウェアです(Takekawa et al., 2010, 2012)。 無償ダウンロードして使用することができます。

   EToS ダウンロードページ

バナースペース

玉川大学脳科学研究所 礒村研究室

〒194-8610
東京都町田市玉川学園6-1-1

TEL 042-739-8430
FAX 042-739-7221