研究室ガイド

玉川大学 入試Navi

入学者受入れの方針
(アドミッション・ポリシー)

芸術学部では、玉川大学の教育理念と学部、学科の人材養成の目標および教育課程の内容を理解している者が入学する事を期待しています。

パフォーミング・アーツ学科

パフォーミング・アーツ学科では未来の社会を創る芸術力を育成し、芸術によって社会貢献出来る人材を養成する事を目指している。そのために以下のような要件を備えた人材が入学する事を期待している。

  1. 高等学校で履修する国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語および芸術などの内容を理解し、高等学校卒業相当の知識と技能を有している。
  2. 物事を多面的かつ論理的に考察しようとする態度や、「読み、書く、聞く、話す」の基礎的な4技能を身につけている。
  3. 人間、自然、文化、産業、国際などの諸問題に関心を持ち、積極的に社会に貢献しようとする意欲がある。
  4. 多文化、異文化の存在を認め、自分の考えを他者に伝えようとする意欲と態度があると共に、自己の良心と社会の規範やルールに従って行動できる。
  5. 他者と積極的にかかわり、対話や自らの表現を通して相互理解に努めようとする態度と、入学後に必要となる芸術表現に関する基礎的な技能を有している。
  6. 高等学校教育の内容・水準に配慮し、関連する日本語に関する検定、外国語に関する検定(TOEFL,TOEICなどを含む)、コンピュータ操作に関する資格、数量的なスキルに関する資格やスコアなどを有していることが望ましい。

メディア・デザイン学科

メディア・デザイン学科では未来の社会を創る芸術力を育成し、芸術によって社会貢献出来る人材を養成する事を目指している。そのために以下のような要件を備えた人材が入学することを期待している。

  1. 高等学校で履修する国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語および芸術などの内容を理解し、高等学校卒業相当の知識と技能を有している。
  2. 物事を多面的かつ論理的に考察しようとする態度や、「読み、書く、聞く、話す」の基礎的な4技能を身につけている。
  3. 人間、自然、文化、産業、国際などの諸問題に関心を持ち、積極的に社会に貢献しようとする意欲がある。
  4. 多文化、異文化の存在を認め、自分の考えを他者に伝えようとする意欲と態度があると共に、自己の良心と社会の規範やルールに従って行動できる。
  5. 他者と積極的にかかわり、対話や自らの表現を通して相互理解に努めようとする態度と、入学後に必要となる芸術表現に関する基礎的な技能を有している。
  6. 高等学校教育の内容・水準に配慮し、関連する日本語に関する検定、外国語に関する検定(TOEFL,TOEICなどを含む)、コンピュータ操作に関する資格、数量的なスキルに関する資格やスコアなどを有していることが望ましい。

芸術教育学科

芸術教育学科では未来の社会を創る芸術教育力を育成し、社会に貢献出来る人材を養成することを目指している。そのために以下のような要件を備えた人材が入学する事を期待している。

  1. 高等学校で履修する国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語および芸術などの内容を理解し、高等学校卒業相当の知識と技能を有している。
  2. 物事を多面的かつ論理的に考察しようとする態度や、「読み、書く、聞く、話す」の基礎的な4技能を身につけている。
  3. 人間、自然、文化、産業、国際などの諸問題に関心を持ち、積極的に社会に貢献しようとする意欲がある。
  4. 多文化、異文化の存在を認め、自分の考えを他者に伝えようとする意欲と態度があると共に、自己の良心と社会の規範やルールに従って行動できる。
  5. 他者と積極的にかかわり、対話や自らの表現を通して相互理解に努めようとする態度と、入学後に必要となる芸術表現に関する基礎的な技能を有している。
  6. 高等学校教育の内容・水準に配慮し、関連する日本語に関する検定、外国語に関する検定(TOEFL,TOEICなどを含む)、コンピュータ操作に関する資格、数量的なスキルに関する資格やスコアなどを有していることが望ましい。

教育課程編成・実施の方針
(カリキュラム・ポリシー)

芸術学部では、芸術に関する専門的知識、論理的思考力及びコミュニケーション能力の育成を共通目標にしてカリキュラムを編成しています。

現代社会は、知識が社会や経済の発展を駆動する基本的な要素です。今日の技術や経済分野の創造性は、芸術や文化の分野の創造性によって育成され、両者は互いに作用しています。このような社会においては、社会を発展させる原動力として、人間の感性や創造力が多様な分野で求められるとともに、自由で民主的な社会を支え、その改善に積極的に芸術の力を活用し関与できる市民が求められています。

また、社会の変化に応じた継続的な知識の獲得や生涯を通じて学び続ける基礎的な能力の育成も重要です。芸術学部の教育課程は次の各項を基に実施します。

パフォーミング・アーツ学科

パフォーミング・アーツ学科では、演劇・舞踊・音楽の上演芸術の学びを通じて、人間関係力(コミュニケーション)、異種混合結合力(コーディネーション)、創造構想発信力(プロデュース)などの豊かな資質と能力を備えた、アートで社会をつなぐプロフェッショナルを養成する。この目的を達成するため、カリキュラムを次の4つの方針に従って編成している。

  1. 上演芸術全般(演劇・舞踊・音楽・舞台技術・企画運営)の基礎教育を重視し、各分野の基礎科目を必修とする。
  2. 豊かな芸術的感性と公共性、倫理性を育成する。
  3. 諸団体や地域との連携を強化し、社会の求める上演芸術に積極的に関与できる力を育成する。
  4. 英語の「読む、書く、聞く、話す」4技能の発展を重視する。

教育課程の実施

  1. 多様な教育方法を用いて学生の主体的、能動的な学びを引き出す。
  2. ディスカッションや恊働して取り組む学修など双方向性を確保した教育を実施する。
  3. 学修内容を確実に修得できるように、学修支援体制を柔軟に実施する。
  4. 情報通信ネットワーク(ICT)を活用し、柔軟な教育方法を展開する。
  5. 学修ポートフォリオを導入し学習過程や成果を指導に活用する。
  6. 専門教育と関連付けて、日本語および外国語コミュニケーション能力の向上を図る。
  7. 本気で学ぶ力、社会で通用する力が身につくように、指導と厳格な成績評価をおこなう。

メディア・デザイン学科

メディア・デザイン学科のカリキュラムは芸術学部の学位授与の方針に基づき、次の方針に従って編成している。

  1. メディア・デザインに関する諸分野の体系化と構造化および順次性を明確化する。
  2. 知識体系における基礎教育を重視し、分野を横断できる教育課程を編成する。
  3. 生涯を通じた持続的な就業力や自己教育力を育成する。
  4. 豊かな人間性と公共性や倫理性を育成する。
  5. 感性教育を基礎力として重視する。
  6. 諸団体や地域との連携・協同を強化し、社会の改善に積極的に関与できる力を育成する。
  7. 日本語および外国語の「読む、書く、聞く、話す」の4技能の発展を重視する。

教育課程の実施

  1. 多様な教育方法を用いて学生の主体的、能動的な学びを引き出す。
  2. ディスカッションや恊働して取り組む学修など双方向性を確保した教育を実施する。
  3. 学修内容を確実に修得できるように、学修支援体制を柔軟に実施する。
  4. 情報通信ネットワーク(ICT)を活用し、柔軟な教育方法を展開する。
  5. 学修ポートフォリオを導入し学習過程や成果を指導に活用する。
  6. 専門教育と関連付けて、日本語および外国語コミュニケーション能力の向上を図る。
  7. 本気で学ぶ力、社会で通用する力が身につくように、指導と厳格な成績評価をおこなう。

芸術教育学科

芸術教育学科のカリキュラムは、芸術教育学科の学位授与の方針に基づき、次の方針に従って編成している。

  1. 音楽教育および美術・工芸教育に関する分野の体系化と構造化、及び順次性が明確化されている。
  2. 知識体系に関する基礎教育を重視し、分野を横断できる能力を育成する。
  3. 生涯を通じた持続的な就業力や自己教育力を育成する。
  4. 豊かな人間性と公共性や倫理性を育成する。
  5. 感性教育を基礎力として育成する。
  6. 諸団体や地域との連携・協同を強化し、社会の改善に関与できる能力を育成する。

教育課程の実施

  1. 多様な教育方法を用いて学生の主体的、能動的な学びを引き出す。
  2. ディスカッションや恊働して取り組む学修など双方向性を確保した教育を実施する。
  3. 学修内容を確実に修得できるように、学修支援体制を柔軟に実施する。
  4. 情報通信ネットワーク(ICT)を活用し、柔軟な教育方法を展開する。
  5. 学修ポートフォリオを導入し学習過程や成果を指導に活用する。
  6. 専門教育と関連付けて、日本語および外国語コミュニケーション能力の向上を図る。
  7. 本気で学ぶ力、社会で通用する力が身につくように、指導と厳格な成績評価をおこなう。

卒業認定・学位授与の方針
(ディプロマ・ポリシー)

芸術学部では、所定の課程で芸術に関する専門的知識を修得し、かつ論理的思考力・コミュニケーション能力を有すると認められた者に、学位を授与します。

パフォーミング・アーツ学科

  1. 芸術に関する基礎的な知識を幅広く修得するとともに、得意とする芸術分野の専門的な知識を体系的に理解し、体系の意味と自己の存在を歴史、社会、自然と関連付けて理解できる。
  2. 芸術に関する知識や技能を総合的に活用し、現代の諸問題の解決に主体的に取り組み、社会に貢献する心意気を持っている。
  3. 異文化、多文化の存在を認めつつ、異なった価値観をもつ人々と協働する際に必要な知識と技能、および豊かな表現力を身につけている。
  4. 社会人としての使命感や責任感を身につけて、自ら積極的に行動できるとともに、社会の規範やルールに従って適切な行動ができる。

メディア・デザイン学科

  1. 芸術に関する基礎的な知識を幅広く修得するとともに、得意とする芸術分野の専門的な知識を体系的に理解し、体系の意味と自己の存在を歴史、社会、自然と関連付けて理解できる。
  2. 芸術に関する知識や技能を総合的に活用し、現代の諸問題の解決に主体的に取り組み、社会に貢献する心意気を持っている。
  3. 異文化、多文化の存在を認めつつ、異なった価値観をもつ人々と協働する際に必要な知識と技能、および豊かな表現力を身につけている。
  4. 社会人としての使命感や責任感を身につけて、自ら積極的に行動できるとともに、社会の規範やルールに従って適切な行動ができる。

芸術教育学科

  1. 教育と芸術に関する基礎的な知識を幅広く修得するとともに、得意とする芸術分野の専門的な知識を体系的に理解し、体系の意味と自己の存在を歴史、社会、自然と関連付けて理解できる。
  2. 教育と芸術に関する知識や技能を総合的に活用し、現代の諸問題の解決に主体的に取り組み、社会に貢献する心意気を持っている。
  3. 異文化、多文化の存在を認めつつ、異なった価値観をもつ人々と協働する際に必要な知識と技能、および豊かな表現力を身につけている。
  4. 社会人としての使命感や責任感を身につけて、自ら積極的に行動できるとともに、社会の規範やルールに従って適切な行動ができる。
  5. 芸術による教育を実践的に推進し先導できる資質能力を身につけ、「進みつつある教師のみ教える権利あり」の実践者となる。

人材養成等教育研究に係る目的

芸術学部は、本学創立の理念である全人教育のもと、全人的な陶冶を基本理念として、総合大学における芸術学部の特色を活かした芸術教育を目指している。芸術創造、芸術応用、芸術企画・経営、芸術研究の各領域を学びの指針として、学部段階教育を踏まえた芸術教養を基に体系的な専門知識と技能、及び実践力の修得を図る。また理論的・実践的側面を統合的に学習することを通して、多様な芸術表現の可能性と芸術活動の支援的側面を探求し、我が国の文化芸術の特色を活かした芸術による社会貢献を推進し得る人材の育成、及び玉川大学の教員養成の実績を背景に、創造性豊かな実践的指導力を備えた、中・高教員(音楽・美術・工芸)の養成を目的とする。

パフォーミング・アーツ学科は、パフォーミング・アーツの体系的理解に基づき現代社会における上演芸術や身体表現の役割を学修し、コミュニケーション能力と総合的実践力の育成を通して社会に貢献できる人材を育成する。

メディア・デザイン学科は、メディアアートとデザインの分野における幅広い知識とデジタル技術の修得を活かし、知識基盤社会、高度情報通信ネットワーク社会における日本の文化産業の発展に貢献できる職業人を養成する。

芸術教育学科は、芸術と教育に関する基礎的な知識と技能を体系的に修得し、人間理解を基礎に「芸術による教育」を学校教育や社会教育等の現場において、指導的な立場から先導的に推進できる人材を養成する。