玉川大学

ELFセンターは2014年4月に開設され、センター事務室のほか、個別指導が受けられるチュータースペースと個別学修のための自習室(Self Study Zone)、及び、英語によるコミュニケーション学修のためのグループ学修室(Active Learning Zone)を設置しています。センター長のほか、センター所属の専任教員、非常勤教員、事務系職員が一丸となってセンターを運営しています。

ELFプログラムの企画・運営と実施を担当し、個別の学修指導や教材の開発を通して、学生の自律学修をサポートする体制が整っています。

主な担当業務

  1. ELFプログラムの企画・運営・実施
  2. 学生の英語学修支援
  3. 英語教育教授法の研究及び教材開発
  4. 学術誌、機関誌の発行
  5. フォーラム、ワークショップの企画・開催

場所

ELF Study Hall 2015校舎 2階

>アクセス
>キャンパスマップ

ELFセンター長からのメッセージ

 

Welcome to Tamagawa University’s Center for English as a Lingua Franca (CELF) homepage. The center was established in 2014 for campus-wide study of English for global communication.

Why study English as a global lingua franca when ‘standard’ English, derived from a shared first language in the United States or the United Kingdom for example, is the focus of much attention in teaching and learning? An increasingly large majority of English communication throughout the world occurs among speakers of different first languages in linguistically and culturally diverse and variable circumstances typical of ELF communication.

In response to such widespread changes in English communication, in collaboration with interested researchers and teachers in Japan and beyond, we explore ELF-aware approaches to teaching and learning, emphasizing language use in intercultural and transcultural communication rather than the form English takes in ‘native’ speech communities.

We gratefully acknowledge the work of CELF Founding Director, Professor Dr Masaki Oda, who wrote to students:

“You will not be penalized for not being able to imitate ‘native speakers’ perfectly. Instead, we will constantly reflect what you can do, and gradually improve English as it is used in the real world, step by step.”

Whatever your interest in English, we invite you to consider the implications of ELF as you browse through Tamagawa University’s CELF pages.

Paul McBride
Acting Director, CELF

玉川大学ELFセンター(CELF)ホームページをご覧いただきありがとうございます。本センターは「全学共通のグローバルコミュニケーションに向けた英語教育プログラムの提供」を目的として、2014年に設立されました。

英語の指導・学習と言えば、米国や英国などで母語として話されている英語に由来する「標準英語」とするのが一般的ですが、本センターでは、英語を「グローバルな共通言語」として学びます。昨今、英語によるコミュニケーションは、共通の母語を持たない、言語的にも文化的にも多種多様な人々の間で行われる機会が世界のグローバル化によって圧倒的に増えています。

このような時代の変化に対応するために、本センターではELF(English as a Lingua Franca)という分野での研究に基づいた英語の教授法・学習法を、国内外の研究者・教育者と協力しながら探求しています。英語をいわゆる「ネイティブ・スピーカー」同士のコミュニケーションで使われる言語としてではなく、「異文化コミュニケーションにおいてどのように使うか」に重きをおいているのです。

ELFセンター初代センター長小田眞幸教授は、かつて次のように述べています。

安易にネイティブ・スピーカーの英語の習得を目標として、それを完璧に模倣出来ないことが責められ、結局英語が役に立つという実感を味わうことなく挫折してしまうという悪循環に陥り失敗に終わる英語学習から脱却し、厳しいながらも多くの学生が、自分が「使える」ことを実感しながら、できることをさらに1つ1つ確実に伸ばしていきませんか。

ぜひ、当センターのホームページをご覧いただき、ELF =「共通語としての英語」に興味を持っていただけることを願ってやみません。

ELFセンター長代理
マクブライド,ポール

ELFセンターの変遷

2011年度
EFL委員会設立、新プログラムについての検討開始
2012年度
文学部比較文化学科および経営学部(国際経営学科・観光経営学科)でEFL(English as a Foreign Language)プログラムとしてスタート (学生数 約400名)
2013年度
ELF(English as a Lingua Franca)プログラムに名称変更。観光学部、リベラルアーツ学部が加わる(学生数 約1,000名)
2013年度
基本は100分×週2回 但し、観光学部は100分+50分+50分の週3回
2013年度
サマーセッション、ウィンターセッションでのELF科目の開始(40名)
2013年度
高大連携クラス開設
2014年度
文学部人間学科(春学期のみ)、芸術学部パフォーミング・アーツ学科、メディア・デザイン学科が参加(学生数 約1,500名)
2014年4月
ELFセンター開設
2015年3月
CELFフォーラム2015「Language teaching in the Asian context」開催
2015年度
教育学部乳幼児発達学科、芸術学部芸術教育学科を除く全学部・全学科でのELFプログラムの履修が必修化(学生数 約2,500名)
2016年度
芸術学部芸術教育学科を除く全学部・全学科でELFプログラムの履修が必修化(学生数 約2,700名)
2017年度
学生数 約2,700名
2018年度
学生数 約2,700名
2019年度
全8学部・17学科でELFプログラムの履修が必修化(学生数 約2,800名)