• 学べることガイド
  • 玉川大学入試Navi

DEPARTMENT OF THEATRE AND PERFORMANCE

演劇・舞踊学科

  • 身体表現コース
  • 舞台創造コース
  • 芸術応用コース
    ※2年次よりコースを選択
演劇・舞踊学科
演劇・舞踊学科

「上演芸術のよき理解者」を育てる

上演芸術の価値と創造プロセスを多角的に学修し、社会における芸術の使命や役割について説くことの出来る「上演芸術のよき理解者」として、
創造の現場および社会に貢献する人材を養成します。1年次はコース分けを行わず、上演芸術を取り巻くあらゆる事象と役割を実践的に学び、自らの
適性と進路を見定めた上で専門性の高い分野へと学修を深めていきます。

主な科目
演技・舞踊演習/世界演劇・舞踊史/⽇本演劇・舞踊史/演劇理論/芸術概論/舞台技術基礎演習/応⽤演劇演習/劇場接遇演習(ゲストリレーション)/所作・擬闘/オーディション演習/芸術と社会/芸術プロジェクト/上演実習/シアターデザイン基礎演習/劇空間デザイン研究/舞台芸術研究/卒業創作・研究
取得可能資格
学科:図書館司書/宗教文化士/社会教育主事/学芸員/TAPリーダー/日本語教員
芸術専攻科
大学卒業後、玉川大学芸術専攻科(1年間)に進学し、さらに専門を深めることができます。

身体表現コース

俳優やダンサーなど、表現者として身体表現を中心に学修し、上演芸術の主体としての
身体について学びます。ひとりのアーティストとして、表現する者の職能と役割を理解し、創造的な社会を生み出す原動力となるリーダーシップを持った人材を養成します。

将来の
フィールド
俳優/声優/ダンサー/演出家/振付家/アクティングコーチ/劇作家/ワークショップファシリテーター/コーディネーター/演劇教育指導者(ドラマティーチャー)
身体表現コース

舞台創造コース

劇場機構や舞台技術を学ぶだけでなく、デザインする力を身につけることで、アートを
生み出す創造性を伸ばします。イメージを論理的に説明する能力を身につけ、上演芸術を
多くのスタッフと協働しながら構築することのできるリーダーシップを持った人材を養成します。

将来の
フィールド
演出家/舞台美術家/舞台照明家/舞台⾳響家/舞台⾐裳デザイナー/映像デザイナー/ヘアメイク等各種プランナー/舞台監督/技術スタッフ(⼤道具製作、⼩道具製作、⾐裳製作、照明、⾳響、制作、映像、装置製作)/劇場管理者/エンターテインメント産業のデザイン、技術部⾨
舞台創造コース

芸術応用コース

演劇教育者として、コミュニケーション教育を重視する社会の要望に応え、あらゆる現場で活躍するための素質を修得します。上演芸術を創造する場のコーディネイトやマネジメント力を持った人材、さらに実践的な感覚と学術的視野を持った専門家を養成します。

将来の
フィールド
演出家/劇作家/ドラマターグ(ドラマトゥルク)/演劇教育指導者(ドラマティーチャー)/ワークショップファシリテーター/制作者/研究者/批評家/演劇ジャーナリスト
芸術応用コース