研究室ガイド

デジタルパンフ

1年次セミナー101での学び:「一人一冊おすすめ図書プレゼン」

2020.07.28

春学期は全科目リモート授業となり、1年生は大学に通うことも友達と会うこともできない中でのスタートとなりました。教育学部の1年次セミナーでは、ビデオ会議システムを中心に授業を行い、教員と学生、学生同士がコミュニケーションを取りやすいように工夫しました。

毎年1年次セミナーで取り上げている「一人一冊おすすめ図書プレゼン」もビデオ会議システムで行いました。これは書評サイトなどから話題になっている書籍を見つけ、それを読んでその本のおもしろさをクラスで紹介するものです。ほとんど本を読む機会がない学生たちに読書習慣をつけるため、また読書の楽しさを感じてもらうために行っています。

1年4組では4~5人のグループを作り「書評合戦」を行いました。各自オススメの本をグループでプレゼンし、どの本が最も読みたいと思ったか投票して決め、最も支持された本を全体で発表をしました。

新型コロナウイルスの影響で、自宅にいることが多いということもあり、「本を読む」良い機会となったようです。学生たちからは「普段本を読まないが読んでみたらおもしろかった」「プレゼンされた本を読んでみたくなった」「友達と本の話ができて楽しかった」などの感想があがり、本を読むことの楽しさを感じたとともに、本を通して友達とコミュニケーションをとることができたようです。

(乳幼児発達学科教授 田甫綾野)

〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
Tel:042-739-8111(代表)

玉川大学入試ナビ

ページトップへ