研究室ガイド

デジタルパンフ

教員としての実践力を養う
「現場体験」を通した多彩な学び

玉川大学の教育学部の徹底した体験教育は、玉川の長い歴史の中で培われてきたものです。
教育学部では、教員に向かう決意や意欲を高め、現場に対応した実践力を養成するため、さまざまな体験教育の機会を用意。
ここでは、その中から参観実習、教育ボランティア、教育インターンシップを体験した学生の声を紹介します。

CLOSE UP01
参観実習

保育者の仕事は子供たちのお世話ではなく
成長を見守り、支えるのだと気づきました

橋本さんイメージ画像

教育学部 乳幼児発達学科1年 橋本 乃慧瑠さん

教育学部 乳幼児発達学科1年
橋本 乃慧瑠さん

※取材当時

1年次に大学の紹介で自宅から近い幼稚園に参観実習に参加しました。 今回私が実習させていただいた幼稚園は、子供たちが伸び伸びと楽しそうに活動していました。クラスを見学した際、先生方の接し方を見ていると、子供たちを第一に考え、子供一人ひとりに寄り添っているからこそ子供たちも先生を信頼し、安心して活動ができるのだと感じました。

参観実習中に3歳児の着替えを頼まれましたが、嫌がられてしまい着替えさせることができませんでした。どうすればよかったのかわからず、まだまだ学ぶべきことがたくさんあるのだと改めて感じました。「ベストはないけれどどれがベターかを考え、失敗を恐れずに楽しむことを心がけている」園長先生がおっしゃった言葉を胸に学んでいきたいと思います。参観実習で改めて保育者の仕事は子供たちのお世話をするのではなく、成長を見守り、支えることだと気づき、「子供たちの思いを素直に真正面から受け取ってあげられるような保育者になりたい」と決意を新たにしました。

参観実習橋本さんの1日

9:00
幼稚園に登園、園の説明
9:30
各自子供たちと遊ぶ
11:00
クラス活動
12:00
子供たちとお弁当を食べる
13:00
子供たちと外で遊ぶ
13:40
園長先生とふりかえり

当日は自由にクラスを見学していいとのことだったので、様々な年齢の子ども達を見ることができました。年齢が上がるにつれできることが増え、心と身体も成長している様子を見ることができ、幼稚園での3年間の成長はとても大きいことがわかりました。

子供たちは、遊びの中で様々に工夫し、考え、楽しんでいました。そこに学びがあると感じました。

「参観実習」1年次とは?

教育現場の現状を把握できるよう、入学後すぐ、幼稚園や小学校などで実際の授業を参観する実習です。実習の前後に指導を受けることで、自分の将来の方向性を明確にして、大学でどのようなことを学んでいけばいいかなど、考えるきっかけになります。

〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
Tel:042-739-8111(代表)

玉川大学入試ナビ

ページトップへ