研究室ガイド

デジタルパンフ

教育政策ゼミ:町田駅前でゼミ生がトークショーに出演

2021.12.16

町田駅前の原町田大通りで12月5日に開かれたトークショーに、中西ゼミの3年生7人が参加してきました。車道の一部を、「まちの実験区」と名付けた特設のイベントスペースにするという、町田市と町田まちづくり公社による1か月間の社会実験の一部です。


学内を紹介する「つばめ通信」をつくるとしたら
の問いかけにゼミ生の提案
PDFを見る

中西ゼミでは、玉川学園のまちを取材して、地元のフリーペーパー「玉川つばめ通信」の増刊号を制作しています。2021年度は、自宅やお店の前に本を置いて自由に貸し借りができる「きんじょの本棚」という取り組みが、玉川学園や町田駅周辺から全国に広がっていることを記事にしました。「まちの実験区」では、実際にいくつもの本棚を並べて、この「きんじょの本棚」を大々的に紹介することになったため、ゼミ生にも出演依頼が来たのです。
当日は、「玉川つばめ通信」発行人である宇野津暢子さんの司会で、ゼミ生がつばめ通信を作った際の苦労や気づいたことを話しました。つばめ通信の制作を通して「きんじょの本棚」や玉川学園のまちのことを知った学生が多く、「商店街に足を向けるようになった」と話す学生もいました。
また、「学内を紹介するつばめ通信をつくることになったら、何を取り上げたいか」という問いかけには、学園の美しい自然や景観、新しい校舎、体育祭、音楽祭で歌う「第九」など、さまざまな案が出ました。
お昼前の時間帯とは言え肌寒い日でしたが、通行人に向けて玉川大学の良さをアピールするだけでなく、その場に集まった玉川学園の地域の方とも、改めての交流の輪を広げることができました。


  • 町田駅のすぐ近く。車道の一部を使ってイベント会場に
  • 開演前の打ち合わせ
  • 会場には「本棚」も持ち込まれた

教育政策ゼミ生:後藤智哉)

〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
Tel:042-739-8111(代表)

玉川大学入試ナビ

ページトップへ