科目等履修生としての学修
各種教員免許状・学校図書館司書教諭・社会教育士(養成課程)の称号 etc

科目等履修生としての学修

概要

科目等履修生は、教育職員免許法に定める教員免許状取得方法を根拠に、一定の要件のもと教員免許状の取得を目指す、学校図書館司書教諭資格や社会教育士(養成課程)の称号の取得を目指す、または教養、自己研修のために学修したいといった場合に、開講科目の中から必要な科目を選択し学修します。
該当となるケースは、「コース説明」を参照してください。

  • 在籍期間は1年間です。ただし、継続手続き(継続は1回)により、最長2年間の在籍が可能です。
  • 1年間に登録できる単位数の上限は30単位です。

コース説明(科目等履修生として学修する場合)

卒業した大学・短期大学で取り残した教員免許状取得に必要な科目を修得したい

Check
入学条件
教員免許状取得に不足する一部の科目単位を修得するものです。
以下、3点について充足していることが入学条件となります。
  • 教育実習の単位を修得していること。
  • 教職実践演習の単位を修得していること。
  • 介護等の体験を終了していること(小学校・中学校免許状取得希望者)。
取得できる教員免許状等
  • 幼稚園1種・2種免許状
  • 小学校1種・2種免許状
  • 中学校(社会)1種・2種免許状
  • 高等学校(公民)1種免許状
  • 高等学校(地理歴史)1種免許状

※短期大学卒業者は2種に限ります。

履修根拠 免許法別表第1(第5条関係)

所有する教員免許状の上級の教員免許状を取得したい

Check
入学条件
同学校種(同教科)の臨時免許状を2種免許状に、2種免許状を1種免許状にするための履修です。
現職の教員あるいは教職経験があることが入学条件となります。
取得できる教員免許状等
  • 幼稚園1種・2種免許状
  • 小学校1種・2種免許状
  • 中学校(社会・数学)1種・2種免許状
  • 高等学校(公民・地理歴史・数学)1種免許状

※中学校(数学)・高等学校(数学)免許状は、免許法認定通信教育として開講する科目を履修します。

履修根拠 免許法別表第3(第6条関係)

所有する教員免許状とは異なる教科の教員免許状を取得したい

Check
入学条件
すでに所有している中学校あるいは高等学校の免許状を基に、同じ学校種の他教科免許状を取得するための履修です。
  • 2種免許状を基に同学校種1種免許状の取得は不可。
取得できる教員免許状等
  • 中学校(社会・数学)1種・2種免許状
  • 高等学校(公民・地理歴史・数学)1種免許状

※中学校(数学)・高等学校(数学)免許状は、免許法認定通信教育として開講する科目を履修します。

履修根拠 免許法別表第4(第6条関係)

所有する教員免許状の学校種とは異なる学校種の教員免許状を取得したい

Check
入学条件
所有する免許状による教職経験年数を基に隣接する学校種の免許状を取得する履修です。
  • 現職の教員または教職経験がある。
取得できる教員免許状等
  • 幼稚園2種免許状
  • 小学校2種免許状
  • 中学校(社会・数学)2種免許状
  • 高等学校(公民・地理歴史・数学)1種免許状

※中学校(数学)・高等学校(数学)免許状は、免許法認定通信教育として開講する科目を履修します。

履修根拠 免許法別表第8(第6条関係)

学校図書館司書教諭資格を取得したい

Check
入学条件
  • 小学校・中学校・高等学校・特別支援学校(盲・聾・養護)のいずれかの免許状を所有している。
取得できる教員免許状等
  • 学校図書館司書教諭資格
履修根拠

社会教育士(養成課程)の称号を取得したい

Check
入学条件
  • 社会教育主事(任用)資格を所有している
取得できる教員免許状等
  • 社会教育士(養成課程)の称号
履修根拠

教養および自己研修のために学習する

Check
入学条件
  • 大学入学資格を有する
  • 科目等履修生開講科目の中から科目を選択して履修する
取得できる教員免許状等
履修根拠