オンライン・データベース利用ガイド 玉川大学 教育学術情報図書館
オンライン・データベース利用ガイドTOP 玉川大学 教育学術情報図書館 玉川大学
検索までの流れ
各ステップをクリックすると詳細がご覧になれます。
step3

●文章から適切な「キーワード」を選ぶ
たとえば…
シンガポール言語事情エスニシティについて論じた文献の調査


●キーワードを元に、検索語を設定する

※「フリーキーワード」「統制語」のどれが使用できるかは、検索するデータベースによって異なります。

検索語には、「フリーキーワード(自由な言葉)」 と「統制語(あらかじめ決められた言葉)」があります。

上記の例のように、検索者が思いついた言葉もそのまま検索語として使用できますが、検索漏れを防ぐためにあらかじめ一つの主題に関する検索語を集中化しておく方法(「統制語」)が考え出されました。
たとえば、「エアコン」「クーラー」「冷房装置」「暖房装置」は、全て「空気調和装置」という言葉を使いましょうとルールブックのようなもので決めてあります

主な統制語には「シソーラス語」「件名標目」があります。シソーラス語は一般には 「ディスクリプタ(descriptor)」と呼ばれています。シソーラスには、検索に役立つように、上位語や下位語、関連語もまとめられています。

よく整備されたシソーラスのひとつとして「JST(JICST)科学技術シソーラス」が あります。(JDreamの検索時に使用)


▲このページのトップに戻る

オンライン・データベース利用ガイドTOP
データベースとは
検索までの流れ
Step1
Step2
Step3
Step4
Step5
Step6
Copyright(C)TAMAGAWA GAKUEN 1996- All Rights Reserved.
調査目的・内容を明確にする データベースを選ぶ 検索語を選ぶ 検索式の作成 検索結果の評価 文献の入手