ゼミガイド

「英語力」を鍛えるプログラム[ 国内編 ]
日本にいながら毎日が英語!

1年間の海外留学を4年間の学びの核として位置づけ、入学後からすぐ、充実した英語の授業を開講し、日常的に英語に触れられる学習環境を整えています。留学後も海外留学の成果を活かせるようなカリキュラムを用意。
大学4年間で、実践的な英語力を磨くプログラムになっています。

観光学部の4年間の英語プログラム

1年次から充実した英語の授業を用意し、1年終了時までに、留学条件であるTOEIC®500点をめざします。
留学後も継続して英語の授業を開講しており、卒業前までにTOEIC®700点に!

英語プログラムイメージ

海外留学英語力が伸びる学修環境

1年次~2年次前期

海外留学の条件はTOEIC®L&R500点以上

留学先で最低限のコミュニケーションがとれるように、留学への参加条件は「TOEIC®L&Rテスト500点以上」に設定。入学当初から「英語プログラム」を実施し、英語を毎日学ぶことで基礎力を鍛えます。※1年次終了時

英語プログラム

1年間のオーストラリア海外留学に備え、1年次~2年次前期に「英語プログラム」を実施。留学に必要な知識、「聞く・話す」といった英語運用力を修得します。特に英語運用力に関しては、毎日の英語の授業や「ELF学修支援室」での学修など、時間と場所を有効に活用して語学力とコミュニケーションツールとしての英語運用力を高めます。留学前でもTOEIC®L&R700点、800点を取得している学生もいます。

ココがPOINT

  • 『 ELF(English as a Lingua Franca)』など、英語の必修科目を月曜日から金曜日まで毎日開設。
    「英語」が身近な環境を整えている。
  • 授業終了後には、チューターやティーチング・アシスタント(TA)のいるELF学修支援室での自修時間が時間割に組み込まれており、与えられた課題を用いて、英語の予習・復習ができる!

イメージ画像

海外留学海外留学で培った英語力をブラッシュアップ

3年次後期~4年次

留学体験を活かした学修

海外留学後は卒業要件であるTOEIC®700点をめざすため、『College Reading & WritingⅠ・Ⅱ(必修)』や、英語による専門科目の授業をとおして、英語を「読む・書く」力についても注力。英語の4技能「聞く・話す・読む・書く」力をトータル的に高め、将来的に国内だけでなく海外の企業で働くことも視野に入れた「英語」能力を身につけます。
2019年度卒業生のうち、約15%がTOEIC®800点以上を取得しました。

ココがPOINT

  • 海外留学で得た英語力に、さらに磨きをかけるカリキュラムを整えているので、「留学」だけでは終わらせない!
  • 英語でディベートを行う授業で、より実践力を高められる。

英語のサポート制度も万全です!

少人数制/担任制
一人ひとりの力を伸ばす、きめ細かな教育・指導
観光学部では、20名前後のクラス編成を基本に、徹底した少人数教育で学生一人ひとりに向き合った授業を展開。授業では、各教員が学生の疑問に丁寧に応じており、そうした親密な対話を通して、学生は人間関係構築力やコミュニケーション力、問題発見・解決力などを養います。
ELF学修支援室
授業以外にも学生の学修をサポート!
観光学部のカリキュラムは、英語の授業後に自修の時間を設定しています。実習や授業で出された課題を行うために、ELF学修支援室を完備。そこでは、チューターやティーチング・アシスタント(TA)が相談や質問などに応じ、授業以外でも学生が不安やとまどいなく学修を進めることができるようにフォローしています。

観光学部の4年間で身につける
実践的な英語力とは?

画像

  • 写真左から順に
  • 永井恵佑さん、菅井寿々穂さん、荻原里佳さん、松本晃さん

観光学部4年生が語る英語学習環境

〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
Tel:042-739-8111(代表)

玉川大学入試Navi

ページトップへ