サポート体制

経営学部では、次世代の国際的なビジネスリーダーの素地を確実に身につけていけるよう、手厚いサポートをしていきます。苦手な分野などがあっても、親身なフォロー体制を整えているので、安心して専門分野の学修を深めていくことができます。さらに、インターンシップや海外留学・海外研修制度など、自身のキャリア形成をサポートする制度も充実しています。

Support
1

学びのサポート

学修支援
授業以外でも専任スタッフが対応
学生の自律的な学修をサポート

学修支援イメージ画像

大学での学びは、高校までとは異なり、学生個々の自律的な学修意欲がより強く求められます。ビジネスリーダーや国際会計人育成をめざす経営学部では、自律した学修を手助けする「学修支援」を実施。学生が自学する過程で生じた疑問点やつまずきなどについて、授業時間以外でも専任スタッフが個別に対応し、フォローアップします。例えば、1年次には日商簿記3級の合格をサポート、さらに2年次以降では、BATIC(国際会計検定)® 320点、さらには700点の取得を確実に支援します。

Support
2

+αのサポート

インターン
シップ
実際に企業で就業体験することで
知識を深め、自身のキャリアに役立てる

インターンシップイメージ画像

経営学部では、就業体験を自身のキャリア形成のきっかけにすることと、大学の授業で学んだことを派遣先で実践し、その実態を知ることを目的としてインターンシップを実施しています。インターンシップでは、企業研修プログラムに参加し、一定の要件を満たすことで単位を取得することが可能です。玉川大学がインターンシップ契約を締結した派遣先に推薦するものと、企業などが公募しているインターンシップに参加し、終了後に必要事項を報告して単位認定に至るものの2種類があります。

海外留学・
海外研修
世界を舞台に活躍するために
多彩な国際教育プログラムを展開

海外留学・海外研修イメージ画像

実践的な語学力と国際感覚を磨くため、玉川大学では世界各国の協定校で「SAE(Study Abroad Experience)海外留学・研修プログラム」を実施しています。海外留学は約4カ月~1年のプログラムを用意。留学先の単位が最大で学期履修単位上限内で認定され、帰国後は次の学年に進むこともできます。海外研修は約3~5週間の期間で実施し、研修内容に応じた単位が認定されます。また、英語力が不安という学生のために集中的に英語を学ぶ「国内英語集中研修プログラム」を設けています。

〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
Tel:042-739-8111(代表)

玉川大学入試Navi

ページトップへ