ゼミガイド

合格者の方へ

玉川大学 入試Navi

NEWS

これからの時代を生きる君たちのため2023年4月
新たなリベラルアーツ学部の学びがスタート

リベラルアーツ学部が進める「一人ひとりの可能性をしっかり開花させる」教育体制

玉川大学リベラルアーツ学部は、日本で初めて「リベラルアーツ」の名を冠した大学学部(創設当初は学科)です。社会の多様性が進み、複眼的な視野や物事を相対化する知性の獲得の重要性から、大学における「リベラルアーツ」教育への注目がますます高まっています。

そんなリベラルアーツ教育を推進する学部として、今までさまざまな分野の学びができる体制を構築し、多くの卒業生を輩出してきました。そして、時代の変化と多様性に対応し、VUCA時代に活きる学びとして学修体系をさらにブラッシュアップ。「Human」「Society」「Culture」「STEAM」4つのフィールドを用意し、分野を融合的に学べる教育体制を設計しました。

2023年度から始まる新たなリベラルアーツ学部の学修カリキュラムについて、詳しく学部長に話を聞きました。

※VUCA時代…将来を予測するのが困難な時代のこと

4つのフィールドで展開されるリベラルアーツ学部の学び

「Human」「Society」「Culture」「STEAM」の4つのフィールドの担当教授から各フィールドの学びについて話を聞きました。

Humanフィールド担当
宇井 美代子 教授
Societyフィールド担当
小山 雄一郎 教授
Cultureフィールド担当
渡邉 正彦 教授・学部長
STEAMフィールド担当
佐藤 由紀 教授

リベラルアーツ学部新カリキュラムのポリシーや人材養成等教育研究に係る目的