研究室ガイド

玉川大学 入試Navi

食品科学領域

食べ物のおいしさと健康機能を研究します。
栄養学、分析化学、分子生物学、微生物学等
の知識と技術を身につけます。

主な学問分野

  • 食品科学
  • 食品機能学
  • 食品分析化学
  • 食品衛生学
  • 食品保蔵学
  • 栄養生理学

研究内容

  • 生活習慣病を予防する食品成分の評価
  • 牛乳ラクトフェリンの新しい機能
  • 食品呈味成分の分析
  • 養蜂技術、養蜂生産物の真正評価
  • 食と栄養の分子メカニズム
  • 発酵による機能性の発現

新たな「食」づくりを考えるために、
食の安全・安心や健康との関わりに焦点を当て、
食品の機能性や製造技術について探究します。

食品中の生体調節因子の定量実験
食品中の生体調節因子の定量実験
食品加工実習
食品加工実習
ヒト代替モデル(線虫)を用いた食品中の老化を防ぐ物質の探索~ラクトフェリンの応用研究
ヒト代替モデル(線虫)を用いた食品中の老化を防ぐ物質の探索~ラクトフェリンの応用研究
ハチミツは蜜源によって色彩や風味が異なる(写真はレンゲ)
ハチミツは蜜源によって色彩や風味が異なる(写真はレンゲ)
採蜜現場でのサンプリングと花粉分析を利用した真性評価
採蜜現場でのサンプリングと花粉分析を利用した真正評価

学びのキーワードと担当教員

学びのキーワード

  • 栄養と代謝
  • 食品機能
  • 生活習慣病

学べる
分野は?

原 百合恵
原 百合恵

栄養生理学・食品機能学

生活習慣病の発症には、加齢や遺伝的要因に加え、「食と栄養」が密接に関わっています。「食と栄養」の理解のために、栄養素の代謝吸収機構と生理的役割を学び、食品の機能性とその分子メカニズムを探ります。

学びのキーワード

  • 食と健康
  • ラクトフェリン
  • 乳酸菌・ビフィズス菌
  • 母乳

学べる
分野は?

冨田 信一
冨田 信一

食品科学・食品微生物学

日本のような長寿国は、健康寿命を延ばすことが喫緊の課題です。その解決のために食を通じて健康な生活を営んでいくことが重要となります。そこで、食品の持つさまざまな機能性の面から、食と健康の関係について学ぶことができます。

学びのキーワード

  • 養蜂学
  • 養蜂生産物の真正評価
  • トレーサビリティ

学べる
分野は?

中村 純
中村 純

養蜂学

食品の成り立ちを学ぶことは、食品の真正評価の根本を知ることでもあります。食品の原料の由来や生産原理、さらには生産現場を意識できる基本的なセンスの多くは、生物学的な背景を知ることで身につけられます。

学びのキーワード

  • 食品の品質保持
  • 食品のうま味成分
  • 食品の成分分析

学べる
分野は?

関 洋子
関 洋子

食品分析化学・食品保蔵学

食品の品質評価では食品中の物質の変化を正確に分析する必要があります。食品成分の簡易的な分析法を開発し、迅速な食品の品質評価につなげます。また、この物質変化のメカニズムを解明し、食品の保存期間の延長につなげます。

4年次に取り組む卒業研究と主なテーマ

  • 食品に含まれる機能性成分の分離と生理作用の解明(ラクトフェリン、ハーブ類)
  • 食品加工中に生じる食品成分間の化学反応の解析(乳タンパク質の変化、酵素による食品加工)
  • 食品の呈味成分
  • 食品の抗疲労作用や抗老化作用の解析