ゼミガイド

研究/ゼミ紹介

文学部教員が日々取り組んでいる研究や外部組織での研究・貢献活動などを紹介しています。文学部には研究や社会貢献などの実績を積んだ教員が在籍し、学生の皆さんの学びや研究活動を支援しています。「研究業績」の項目では、文学部教員の最新の研究成果を紹介します。「ゼミガイド」の項目では、ゼミを開講している教員が、学生とどのような研究に取り組んでいるのかを紹介しています。

研究業績

最終更新日:2022年6月28日

出版物

著書による研究成果の発表はもちろんのこと、雑誌への寄稿や教科書監修などさまざまな実績を掲載しています。

  • 『英語教育のエビデンス: これからの英語教育研究のために』(研究社)共著 ※2021年9月出版【工藤 洋路】
  • Takagi, H. (2021-forthcoming) Convergent and divergent trends of internationalization: a comparative perspective between Japanese and Anglo-American universities. In: J. E. Cote and S. Pickard (Eds.) Routledge Handbook of the Sociology of Higher Education, Second edition, Taylor & Francis, Kentucky, USA.【髙城 宏行】
  • 「祈り」『信徒の友』(日本キリスト教団出版局)2021年4月号、5月号、6月号、7月号、8月号【丹治 めぐみ】
  • 『New Crown English Series123』(中学校検定教科書)三省堂【工藤 洋路】
  • 令和3年度中学校用教科書「伝え合う言葉 中学国語」(教育出版) 【北原 博雄】
  • 久保朝孝編『危機下の中古文学2020』(武蔵野書院、2021年3月)「『枕草子』「小白河結縁八講」章段攷ー散文化した〈歌ことば〉の機能ー」 【中田 幸司】
  • 日本文学風土学会編『「宇治」豊饒の文学と風土ー成立と展開に迫る決定七稿』(新典社、2021年8月)「宇治と和歌ー憂鬱な風土の想像から創造へー」 【中田 幸司】
  • 近藤 洋子編著『「生命と性」の教育』(共著)、玉川大学出版部、2021年(令和3年)3月30日、(「第1章 生命と性の概念」)、pp.2-14ページ)。(全242頁)(近藤 洋子・林 大悟・山口 意友・増田 恵美子・山下 和予・渡邉 多恵子・緑川 喜久代・氏原 将奈・茂木 輝順・橋本 紀子・松浦 賢長) 【林 大悟】
  • Rowland, P. “Introduction.” In Haiku 2021, Champaign, Illinois: Modern Haiku Press, 2021/6: pp. 7-15. 【Rowland, P.】
  • Rowland, P. “Foreword.” In where the roots are: Best of Paper Lanterns vol. 2, Bangalore, India: Yavanika Press, 2021/6: pp. v-x.【Rowland, P.】
  • Rowland, P. ed. Noon: Journal of the Short Poem Issues 19 & 20 (online), 2021/10 & 2021/11, respectively.【Rowland, P.】

論文採択

学会誌や学術雑誌などで文学部教員が執筆した論文が採択された実績を掲載しています。

  • Oda, M. (2021). The Cultural Politics of ELT Materials: A Diachronic Approach. JACET Journal. 65. 1-10 (Invited) 【小田 眞幸】
  • Oda, M. (2021) Positioning ELT in Applied Linguistics in Japan: A Diachronic Approach. Asian Englishes. 23:1. 79-89. (査読あり) 【小田 眞幸】
  • Suzuki, Ayako. 2021. "Changing views of English through study abroad as teacher training", ELT Journal, https://doi.org/10.1093/elt/ccab038 【鈴木 彩子】
  • "The Formation of the Ebonics Paradigm―Ernie Adolphus Smith and the Experiential Factor." 黒人研究学会『黒人研究』第90号(2021年3月)、55-74頁 【源 邦彦】
  • 「人種主義的世界システムにみる言語諸科学の「共犯性」―「ネイティブ―ノンネイティブ」パラダイム―」東洋大学文学部紀要 第74集 国際文化コミュニケーション学科篇『国際文化コミュニケーション研究』第4号(2021年3月)、101-125頁 【源 邦彦】
  • 米田 佐紀子(単著)「J-POSTLエレメンタリーの経年使用から見えた小学校英語教員養成における学生の成長と学び」【実践報告】『 言語教師教育 :』JACET教育問題研究会会誌8(1), 71-85, 2021-03 JACET教育問題研究会 【米田 佐紀子】
  • 米田 佐紀子(単著) Students' Growth and Learning in Elemetary English Teacher Pre-Service Education: Follow-up Research Using the J-POSTL Elementary over Time.(Practical Report) Language Teacher Education Vol. 8, No. 2, JACET SIG-ELE Journal. 2021-08 【米田 佐紀子】
  • 酒井 雅子(2021)「フクシマの短歌にみる原子力エネルギーのリスク―国語科におけるトランス・サイエンスのリスク・アセスメントのための教材化―」『論叢:玉川大学文学部紀要』61号,pp.47-77 【酒井 雅子】
  • 篠崎祐介・鈴木美穂・冨士池優美・北原博雄・ 中田幸司「大学初年次生への読書指導法の探究―会話の分析を中心に」『リメディアル教育研究』https://doi.org/10.18950/jade.2021.07.20.03 【篠崎 祐介】
  • 林 大悟(2021)「『論理哲学論考』における現実・思想・命題の接点」(単著)、玉川大学学術研究所人文科学研究センター年報『Humanitas』、第12号、2021年(令和3年)3月、pp.39-46.【林 大悟】
  • 林 大悟「『論考』における論理形式が語り得ない理由をめぐる先行研究の再検討」(単著)、『哲学論文集』第五十七輯、九州大学哲学会編、2021年(令和3年)9月25日、pp.1~27.【林 大悟】
  • 大会報告「『西行物語コーパス』から見る語彙の量的構造」冨士池優美、『西行学』第十二号、西行学会、2021年10月【冨士池 優美】
  • 鈴木 美穂「横光利一と小林秀雄の観たセザンヌーパリ体験の〈翻訳〉―」『横光利一研究』第19号、横光利一文学会、2021年3月【鈴木 美穂】
  • 国語教育2022年の論点:クリティカル・シンキングを国語科でどう育むか『教育科学 国語教育』no.866 pp.66-69 明治図書出版 2022年2月【酒井 雅子】
  • 私にとっての大村はま先生『はまかぜ』49号特別号 p.58 大村はま記念国語教室の会編 2022年3月【酒井 雅子】
  • 近年の教育情勢にみる「探究的な学び」~国語科の「探究的な学び」を探究する(1)『教育科学 国語教育』no.868 pp.88-91 明治図書出版 2022年4月【酒井 雅子】
  • 多元的探究で育むクリティカル・シンカー~国語科の「探究的な学び」を探究する(2)『教育科学 国語教育』no.869 pp.88-91 明治図書出版 2022年5月【酒井 雅子】
  • 〈現代語訳〉から始まる古典和歌の理解ー『古今和歌集』から派生する多様性ー(『論叢 玉川大学文学部紀要』第62号2022/3/30)【中田 幸司】
  • 林大悟「事実と道徳・倫理をめぐる議論について(1) ??ヒュームとウィトゲンシュタイン??」、『Humanitas』玉川大学学術研究所人文科学研究センター年報、第13号、2022年3月、 pp.29-39.【林 大悟】
  • 篠崎祐介・鈴木美穂・冨士池優美・北原博雄・中田幸司・長谷川洋二・林大悟・太田明「玉川大学文学部国語教育学科の教員養成課程の成果と課題 ??教育委員会が求める初任者教員の能力の分析をもとに??」、玉川大学文学部紀要『論叢』、第62号、玉川大学文学部、2022年3月、pp.27-38.【林 大悟】
  • 西尾美登里・坂梨左織・木村裕美・久木原博子・古賀佳代子・林大悟・大上渉・内田直樹・尾籠 晃司「高齢の男性における介護経験による救援力」『バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌』、バイオメディカル・ファジィ・システム学会、Vol.23, No.2, 2021年12月、pp.17-22.【林 大悟】
  • スピノザ『知性改善論』における方法の問題ー「道具」と「途」の形象を中心にー(『論叢 玉川大学文学部紀要』第62号、2022年3月、pp. 117-141)【秋保 亘】

研究発表

学会・研究会・シンポジウムなどで文学部教員が研究発表を行った実績を掲載しています。

  • Oda, M. (2021) AsiaTEFL Webinar “Connecting Asia through Language Education: The Importance of Building Sustainable Professional Network" 6/5 Invited Panelist. 【小田 眞幸】
  • 小田眞幸 (2021). JAAL in JACET シンポジウム 「言語と分野の垣根を超える応用言語学-日本における応用言語学研究の将来に向けて」 パネリスト
    (パネリスト:境一三 慶應義塾大学教授、若林茂則 中央大学教授、司会進行:金丸敏幸 京都大学准教授)大学英語教育学会第60回記念国際大会 (オンライン) 8/29 【小田 眞幸】
  • 55th RELC International Conference (15-16 March) 口頭発表タイトル:"Teaching English as a Lingua Franca for sustainable communication abilities”【鈴木 彩子】
  • e-Sociolinguistics Symposium 23 (7-10 June) 口頭発表タイトル:"ELF to Unsettle Students’ Ideas of English for Global Citizenship Development"【鈴木 彩子】
  • AILA 2021 World Congress (15-20 August) Focused Presentation(ポスター発表)発表タイトル: "Impacts of study abroad on university students’ understanding of English as a lingua franca" 【鈴木 彩子】
  • 2021/3 グローバル人材育成教育学会 中部・関西 合同支部大会 教育連携部会企画イベント 【髙城 宏行】
  • Ohtani,Chie,Yoneda, Sakiko, Niezgoda, Kimberly, and Murray Galella, Suzanne (共著)Collaborative Online International Learning (COIL) in Pre-service Teacher Education. 31st Japan-U.S. Teacher Education Consortium (JUSTEC) Virtual Conference, Asynchronous Document Presentation. May 28-30, 2021. 【米田 佐紀子】
  • 米田 佐紀子・栗原 文子・山口 高領・長田 恵理(共著)「小学校英語指導者の育成にJ-POSTL エレメンタリーはどのような効果をもたらすのか」第 14回 2021年度 JACET 関東支部大会、2021年7月11日(日)シンポジウム, Room 2,15:30-16:35 【米田 佐紀子】
  • Fumiko Kurihara, Hisatake Jimbo, Ken Hisamura, Eri Osada, Sakiko Yoneda, Takane Yamaguchi, Rie Adachi.(共著)Ensuring pedagogical consistency between primary- and secondary-level foreign language education through portfolios in Japan. 19th AILA World Congress (2021),Tuesday, 17 August 2021. 【米田 佐紀子】
  • Yoneda, Sakiko, & Yoichi, Nishimura. (共著). Examining the efficacy of a new Japanese course of study in enhancement of Japanese primary school pupils’ English proficiency. 19th AILA World Congress (2021), S041 Symposium, 19 August, 2021, 10:30-12:00am. 【米田 佐紀子】
  • 山口 高領・米田 佐紀子(共著) J-POSTL エレメンタリーの開発―小学校教職課程履修学生のためのCan-do記述文―. 大学英語教育学会(JACET) 第60回記念国際大会(オンライン開催)2021年8月28日(土)Room 11 【米田 佐紀子】
  • 長田 恵理・米田 佐紀子(共著)「読むこと」「書くこと」に焦点を当てた教科書分析―ELPの記述文との対照から―.全国英語教育学会第46回長野研究大会(オンライン開催)2021. 8/7(土)9室, 9:30~9:55 【米田 佐紀子】
  • JACET教育問題研究会(神保尚武監修)『小学校英語指導者のポートフォリオ J-POSTLエレメンタリー』.2021年3月, http://www.waseda.jp/assoc-jacetenedu/JPOSTLElementary.htm 【米田 佐紀子】
  • 大学英語教育学会(JACET)教育問題研究会(神保尚武監修)小学校英語指導者のポートフォリオ J-POSTLエレメンタリー(紹介動画).2021年3月, http://www.waseda.jp/assoc-jacetenedu/JPOSTL_Elementary_Video.mp4 【米田 佐紀子】

招待講演(助言指導等)

各機関からの依頼に基づき文学部教員が学外で行った講演や指導など、社会・地域貢献活動の実績を掲載しています。

  • Oda, M. (2021). Reflection, Reconnection and Beyond: The Role of Academic Organizations for the Next Decades. 大学英語教育学会第60回記念国際大会、基調講演(オンライン)8/27 【小田 眞幸】
  • 滋賀県英語インプルーブメントセミナー〔中学校〕の講師(2021年7月30日&8月6日)【工藤 洋路】
  • 静岡県高等学校英語教育研究会での講演(2021年6月1日)【工藤 洋路】
  • 東洋大学人間科学総合研究所主催 研究チーム「大学の外国語教育の現状と未来-異文化理解と外国語教育-」公開研究会 テーマ「外国語教育の展望と課題-多文化共生・異文化理解・オンライン授業-」にて題名「多文化共生社会における大学英語教育-人種概念の再検討」にて基調講演、2021年7月10日 【源 邦彦】
  • 米田 佐紀子(前半単著)『小学校英語指導者のポートフォリオ』の使用実践例 、後半「成果の質的分析(テーマ分析)の方法(髙木亜希子).『教職課程担当者のためのポートフォリオ指導の実践と成果の分析方法』JACET教育問題研究会主催ワークショップ.(オンライン開催).2021年7月17日(土),14:00-17:00 【米田 佐紀子】
  • 川崎市立はるひ野小学校「令和3・4年度川崎市立学校研究推進校 外国語科・外国語活動」第一回授業研究会 講師, 2021年6月9日 【米田 佐紀子】
  • 川崎市立はるひ野小学校「令和3・4年度川崎市立学校研究推進校 外国語科・外国語活動」校内研修会「Small Talk『子どもの言いたい』を引き出す場面設定」講師 2021年7月28日 【米田 佐紀子】
  • 神奈川県小学校教育研究会外国語部会 研修会 講師 「学校教育目標を英語教育でどう具体化するか:教師用Can-Doを用いて」 2021年10月20日(水) 14:30~16:30【米田 佐紀子】
  • 川崎市立はるひ野小学校校内研修会 講師 全体講評 2021年10月29日(金) 13:00~16:30【米田 佐紀子】
  • 川崎市立はるひ野小学校 研究推進校 中間発表 講師 「自信をもって表現し、コミュニケーションを楽しむ子をめざして:指導者に求められる手立てを中心に」 2021年12月1日(水) 13:30~16:30【米田 佐紀子】
  • 川崎市立子母口小学校教員研修会 講師 2022年1月19日(水)  14:00~ (予定)【米田 佐紀子】
  • NHKEテレ英語番組「知りたガールと学ボーイ」監修・出演【工藤 洋路】
  • NHKラジオ高校講座「英語表現Ⅰ」講師【工藤 洋路】
  • 「在原業平の『和歌力』」(朝日カルチャーセンター、2021年10月19日)【中田 幸司】
  • Rowland, P. “Haiku and the Poetics of George Oppen.” British Haiku Society Spring Gathering (online), 2021/6/5.【Rowland, P. 】
  • シンポジウム『「宇治」豊饒の文学風土―成立と展開に迫る決定七稿―』 を語る(令和3年度日本文学風土学会秋季大会2021/11/20)【中田 幸司】

学会・協会等の役職

学会の運営委員や外部組織の委員会活動など、文学部教員の学術的社会貢献の実績を掲載しています。

  • 一般社団法人 大学英語教育学会
    ~6/20 副会長、学術交流担当理事
    6/20~ 会長、代表理事【小田 眞幸】
  • 日本「アジア英語」学会理事【小田 眞幸】
  • AsiaTEFL
    副会長(2013~)
    選挙管理委員長(2021) 【小田 眞幸】
  • Journal of Language and Identity in Education
    Editorial Board Member【小田 眞幸】
  • TEFLIN Journal(インドネシア)
    Editorial Board Member【小田 眞幸】
  • Asian Englishes Reviewer【小田 眞幸】
  • AILA Review Reviewer【小田 眞幸】
  • Critical Inquiry in Language Studies
    Reviewer【小田 眞幸】
  • Zurich University of Applied Sciences(チューリッヒ応用科学大学)
    応用言語学プログラム外部評価委員【小田 眞幸】
  • 大学英語教育学会(JACET)学術交流委員 【鈴木彩子】
  • 大学英語教育学会(JACET)JACET創立60周年記念ウィーク特別委員会委員 【鈴木 彩子】
  • 大学英語教育学会(JACET)関東支部 総務委員会(支部幹事)【鈴木 彩子】
  • 大学英語教育学会(JACET)関東支部 支部紀要編集委員会(委員長)【鈴木 彩子】
  • 大学英語教育学会(JACET)関東支部 支部大会運営委員会委員 【鈴木 彩子】
  • グローバル人材育成教育学会教育連携部会 副部会長(2020年4月~)【髙城 宏行】
  • 日本国際理解教育学会 第30回研究大会実行委員 (2021年6月)【髙城 宏行】
  • WEF国際教育フォーラム/第45回国際会議実行委員(2021年9月)【髙城 宏行】
  • 黒人研究学会学会誌編集委員 【源 邦彦】
  • (一社)グローバル・ビジネスコミュニケーション協会(GBCJ)理事 【源 邦彦】
  • 大学英語教育学会(JACET)財務委員会委員長 【森本 俊】
  • 大学英語教育学会(JACET)国際大会組織委員会本部委員 【森本 俊】
  • 大学英語教育学会(JACET)JACET創立60周年記念ウィーク特別委員会委員 【森本 俊】
  • 関東甲信越英語教育学会(KATE)学会誌査読委員 【森本 俊】
  • 大学英語教育学会(JACET)教育問題研究会 J-POSTLエレメンタリー紹介動画作成委員会委員 【米田 佐紀子】
  • 大学英語教育学会(JACET)教育問題研究会(神保尚武監修)『小学校英語指導者のポートフォリオ J-POSTLエレメンタリー』.編集・運営委員委員長 【米田 佐紀子】
  • 川崎市立はるひ野小学校「令和3・4年度川崎市立学校研究推進校 外国語科・外国語活動」指導者 【米田 佐紀子】
  • 日本哲学会編集委員(2021年7月~)【秋保 亘】
  • 茨城県取手市図書館協議会会長【北原 博雄】
  • 国語教育史学会運営委員 【酒井 雅子】
  • 日本近代文学会運営委員(2021年2月~現在)【鈴木 美穂】
  • 日本比較文学会東京支部編集委員(2019年7月~現在)【鈴木 美穂】
  • 昭和文学会会務委員(~2021年7月)【鈴木 美穂】
  • 日本社会文学会編集委員(~2021年8月)【鈴木 美穂】
  • 日本文学風土学会常任理事【中田 幸司】
  • 日本歌謡学会常任理事【中田 幸司】
  • 和歌文学会常任委員【中田 幸司】
  • 文部科学省検定教科書 高等学校 『New Rays English Communication Ⅰ~Ⅲ』編集委員(いいずな書店)【森本 俊】
  • 日本語学会広報委員(~2021年5月)【冨士池 優美】
  • 国語教育史学会運営委員(前年度より継続) 【酒井 雅子】

ゼミガイド- ピックアップゼミ -

keyword
哲学
ことばと現実

正解のない問いを考え続ける思考の持久力を鍛える

国語教育学科秋保 亘講師

ゼミの内容を一言でいうと?

哲学の議論を参考に、私たちが生きるこの現実を徹底的に考え抜く。

私たちが生きるこの現実は、決定的な正解などないのに、それでもその都度何らかの決断が求められる問題にあふれています。そうした問題に直面した時に、何を・どのような観点から・いかなる仕方で考えればよいのか、その考えの枠組みを提供してくれるのが哲学です。2500年以上の歴史を持つ西洋哲学が、みなさんの思考を鍛え上げる舞台になります。

ゼミの自慢は?

自分を自分自身の外へと連れ出そう。

私たちは無意識に、様々な思考のフォーマットにそって物事を考えています。もしこうしたフォーマットに「盲点」や「偏向」があるとしたら…。新たな思考の枠組みを自分自身で構築することで、これまで考えられてこなかったものを思考する。そのとき、人は自分自身の外に出て、自由に思考することができるようになるはずです。

Pick up

ことばの力を極限まで駆使しよう。

私たちはことばによって物事を考えます。ことばは世界のさまざまな場面を切り取り、豊かな彩りを与えます。そして新たなことばの創造によってしか開かれない光景もある。ことばがそなえる多様な力を発見し、自分の視野を研ぎ澄ませていきましょう。

keyword
形態統語論
意味論

自然言語の形式と意味の関係についての研究

国語教育学科北原 博雄教授

ゼミの内容を一言でいうと?

他の言語で観察される現象と比較・対照して日本語をみる。

日本語を研究するにしても他の言語も見る必要があります。たとえば本を数えるのに、日本語では「2冊」というように「冊」が必要なのに、英語ではtwo booksというように「冊」にあたるものが要りません。この違いを考えてゆくと、日本語しか見ていないときには気づかなかったことが見えてきます。

ゼミの自慢は?

みんなで生きた日本語の国語辞典を作ろう。

「みんなで国語辞典!」
(大修館書店)

ゼミでは、各の関心に応じた研究をサポートしますが、国語辞典には掲載されていない流行語や若者語などを持ち寄りそれらの意味と用法を皆で考えるという時間を設けます。成果が出版できるといいですね。

Pick up

中学国語教科書の言語部門から作文教育へ。

「日本語大事典」(朝倉書店)

中学校の国語教科書の編集も行っています。文法や語彙といった言語事項が作文に役立つような教材について共同研究もしています。

keyword
国語科教育
単元学習
探究型学習

過去の教育に学び、かつ、未来社会を拓く国語教育の探究

国語教育学科酒井 雅子准教授

ゼミの内容を一言でいうと?

時代を経ても変わらない「不易」と国際的な社会の変化に対応する「流行」の国語教育を探究します。

まず「学習者中心主義」の立場から、一人ひとりの興味・関心・必要を引き出して、言葉の力を育て、人間性を養う国語単元学習の実践を学びます。学習者の実態を見失った教科書中心の授業だけでは、真正の国語教育にはなりえないからです。そのうえで、自らが設定した課題の研究をゼミで共有し、広い視野から未来の国語科教育の在り方を検討していきます。

ゼミの自慢は?

クリティカル・シンキングのスキル・態度を導入した討論とレポート作成で、研究リテラシーと市民リテラシーを培う。

communicative(伝え合い)、collaborative(協働で)、critical(批判的に)、creative(創造する)学びをモットーにしています。
課題を追究するとき、論理的思考は不可欠です。しかし、一人では、自分の主張が他者を説得できるかは分かりにくいものです。そこで、ゼミ生が「探究の共同体」となって、課題のゴールを求めていく学びを展開します。

Pick up

新しい中学校・高校の国語科学習指導要領の一特徴

中学校・高校の国語科学習指導要領で、現行と次期の「批判」「論理」の検出数を比べてみると、「批判」が0から4に、「論理」が14から43に増えています。情報化、国際化、科学技術の高度化が進む中、批判的思考、論理的思考の教育も本格化していくことが分かります。

keyword
日本近代文学
日本現代文学

日本近現代文学研究

国語教育学科鈴木 美穂教授

ゼミの内容を一言でいうと?

各自が選んだテーマで日本近現代文学を研究します。

文学研究方法を学んだ後、夏目漱石、芥川龍之介、谷崎潤一郎、太宰治等による明治以降の文学から各自対象を選び、対象に合った方法論で研究していきます。授業では各自の研究報告を基に全員で討論を行い、互いの研究の「質」を高めます。各自が選んだテーマを通して、文学と制度・歴史・文化等との関係性や表現構造を分析・検討していきます。

ゼミの自慢は?

文学を通して世界を広げていきます。

文学世界の理解には歴史、メディア、美術、外国文学等周辺領域の理解も必要です。専門的・多角的研究のための外部図書館・資料館での調査、文学展・美術展観覧の機会も設けます。各自が世界を広げ、ゼミ生同士が切磋琢磨する場をめざしていきます。

Pick up

研究成果としての論文執筆

研究成果は授業での口頭発表と討論、指導教員の個別指導を経て、最終的に論文としてまとめます。めざすのは、説得力をもった新たな読みを提示できる論じ手となることです。

keyword
日本古典文学
ことばと心

集中力と向上心を抱いて平安人と〈対話〉をめざす

国語教育学科中田 幸司教授

ゼミの内容を一言でいうと?

平安宮廷文学の表現研究、注釈研究、および国語科教材としての意味を追究する。

和歌にある表現と機能を対象に、過去から現在に至るさまざまな情報を収集・整理・編集し、新たな解釈を試みる。三十一文字の中に含まれる心情表現を読み取り、現代人と平安人の考え方の共通点や相違点を見つけることが和歌の楽しみの一つだと考えています。

ゼミの自慢は?

ホンモノを求めるためにお互いが高い意識を保とうと努めている。

机上にとどまらず、可能な限り足を使って、現地に赴き、成果を得ようと努めている。日本古典文学も世界基準で論じられるよう、国内はもとより、海外との交流も視野に入れて日々過ごしています。

Pick up

夏の一大イベント、京都を踏査し、一千年の時の流れを体感する。

21世紀の京都は国際観光地。しかしそれ以前に日本の文化の発祥の重要な地点であった。歴史と文化は知っているようで知らないことが多く、今こそこの風土から貪欲に学ぶ。

keyword
俳諧
芭蕉
パロディーと異化
笑い

「憂き世」を「浮き世」へ 発想の転換で古典を身近に感じる、江戸時代の文学の魅力を次世代に発信しよう。

国語教育学科野村 亞住講師

ゼミの内容を一言でいうと?

江戸時代の俳諧の表現手法の研究、および古典俳句の鑑賞力を身につけ、古典文学を学ぶ意義を追究します。

たった十七音(連句の短句ならば、十四音)で意味ある文脈を構成する俳諧は、一言一句に意味を持ち、古典文学のエッセンスが凝縮されています。江戸を生きた人たちが感じた「美」「笑い」「四季」「恋」「生活」「生死」「宗教」を、和歌以来の類型表現と多彩な資料の中から読み解き、今に通じる日本の風土、文化と文学の歴史がつまった「ことば」を体感できることが、俳諧の魅力の一つです。ゼミでは、俳諧の注釈力を身につけつつ、各自のテーマを設定して、資料を正しく読み解き、分析し考察する力と、それを発信する文章力を培います。

ゼミの自慢は?

出版文化が花開いた江戸時代は資料の宝庫です。

データ公開されている資料も多く、実際に手に取って見ることもできます。実物にふれ、当時の人と「本」を共有することができるのです。ゼミでは、各自のテーマの探究のみならず、当時の連句作品を用いて注釈力をつけ、くずし字を解読できるよう努めたり、実際に連句を巻いてみる中でルールへの理解を促したりしながら、教育現場での俳諧指導の基礎を楽しみながら身につけます。

Pick up

「虫」に関わる季語の不思議、知っていますか?

秋に美しい声を響かせる「虫(の音)」ですが、現代の呼称や認識とは異なって用いられています。たとえば、和歌や俳諧で詠まれる「キリギリス」の大多数が「こおろぎ」で、「松虫」と「鈴虫」の名称はどうやら逆のようだといわれます。また、発声器官を持たない「蓑虫」は、『枕草子』の一節により、「蓑虫鳴く」と詠まれることで季語になり得ます。当時の句作が、リアリティーや実態ではなく、言葉の持つ共通のイメージ(本意:ほんい)が最優先されていたためです。古典俳句の鑑賞では、こうした言葉の「本意」を紐解くことがとても重要になります。

keyword
人間の形成
教育人間学

人間の歴史と文化の複雑性の解明を追求

国語教育学科長谷川 洋二教授

ゼミの内容を一言でいうと?

教育諸現象の暗黙的次元を探究しています。

人間について知れば知るほど、私たちの無知は増大していきます。それでも人間の歴史と文化の複雑性の解明を追求することによって、人間の営みとしての教育の今日的および将来的問題や課題について探究しています。

ゼミの自慢は?

教育と人間形成における根本問題を問うことを大切にします。

ことばについて専門的に学ぶ学科ですが、ことばにならないもの、概念化できないものとの緊張関係の中でことばについて考える視点を大切にします。

Pick up

個々人に固有の課題や関心を大切にした研究活動を支援しています。

人間と教育の関わりについて根本から考えることのできる素材に注目した教材開発に努めています。

keyword
語彙論
日本語史

日本語という現実を見つめ、考える

国語教育学科冨士池 優美教授

ゼミの内容を一言でいうと?

日本語がどのように使われているのか、仕組みを考える。

日常的に使っている日本語ですが、どのような言葉か説明できるでしょうか。例えば教科書の中で最も多く使われている単語は何でしょうか。意外とわからないことが多いものです。ゼミでは自分自身の手で用例を集めます。そして、用例という「現実」が、どのような仕組みで運用されているのか考察します。現実を見ると、日本語の見え方も違ってきます。

ゼミの自慢は?

混沌とした現実をある観点から整理する力を身につけよう!

モットーは「やれば終わる」。奈良時代の日本語から、現代のコミュニケーションまで、日本語に関することであればテーマは自由です。「自分の意志で決めたこと」を「自分で決めたやり方」で「最後まで完成」させることを重視しています。

Pick up

教科書で最も多く使われている単語は?

コーパス 検索サイト 少納言

教科書で最も多く使われている単語は助詞の「の」です。実は現代日本語書き言葉の調査によるとほぼすべてのジャンルの文章で同じ結果になります。イメージどおりでしたか。

keyword
応用言語学
問題解決

言語学を使って社会の諸問題を解決する方法を考える

英語教育学科小田 眞幸教授

ゼミの内容を一言でいうと?

「応用言語学」全般、特に言語教育、言語習得、言語使用と社会へ影響について研究しています。

ゼミ生それぞれが言語、コミュニケーションに関わる身近なテーマを選び、普段から発表、議論、振り返りを繰り返し言語学や関連領域の研究成果をもとにしたそれぞれのテーマを関連させ、「問題の解決」が共通の目標にお互いに協力し合いながら多角的視点で研究を進めていきます。さらに研究を深めるためこれまで約20%の卒業生が大学院に進学しました。

ゼミの自慢は?

それぞれの得意分野がいかされる強力な学修共同体。

各自の得意な分野、知識、能力を駆使して創り上げてゆく学修共同体です。1つのテーマに向かうのではなく、多様性を武器としてお互いに向上していきます。間もなく300名になる卒業生は40名の現職教員をはじめ、さまざまな分野で活躍しています。

Pick up

「Don't attack the person, but attack the issues!」

多様なテーマの卒業研究

議論の基本としてゼミの歴代の卒業生が大切にしている言葉です。個人研究テーマは多岐にわたります。研究の結果必ず何かを提案することが求められています。

keyword
英語の教え方
英語の学び方

英語の指導方法と学習方法、英語力の測定方法を研究します

英語教育学科工藤 洋路教授

ゼミの内容を一言でいうと?

英語のより良い指導方法、英語のより良い学習方法、英語の能力のより良い測定方法を研究します。

・(自分たちが受けてきた)日本の中高の英語教育は適切だったのか?

・(自分たちが受けてきた)留学先での英語の授業は適切だったか? また日本の英語教育に応用できるか?

・(自分たちが受けてきた)英語のテスト(例:英検、TOEIC®、IELTSTM、または定期試験)は、適切に自分たちの英語能力を測定しているのか?

ゼミの自慢は?

地道に英語教育学を研究しています。

日々、学生同士、また教員と学生で英語教育学の研究を文献などから皆が地道に、コツコツと研tいます。

Pick up

実際の中高の英語の授業を参観する機会を作っています。

ゼミ生の要望に合わせて、中高の授業を参観したり、ビデオによる授業研究を行ったりします。また、自分たちで授業案を作って、デモンストレーションを行ったりします。

keyword
ELF
多様性

国際共通語としての英語(ELF-English as a -Lingua Franca)とは何か

英語教育学科鈴木 彩子教授

ゼミの内容を一言でいうと?

多様な人々の間で共通語として使われている英語にはどのような特徴があるのかを研究しています。

英語は国際語だとよく言われますが、それが本当に意味することは何でしょうか?多様な他者とのコミュニケーションに用いられる英語にはどのような特徴があるのでしょうか?また、共通語として英語を活用するにはどのような知識や姿勢が大切でしょうか?これらの疑問にフィールドワークを通じて回答していきます。

ゼミの自慢は?

フィールドワークで「生の声」を聞く。

ゼミの最大の特徴は、インタビュー調査やアンケート調査などのフィールドワークを通して「生の声」を聞く活動です。他者の声に耳を傾け、「どうして?」を深く考えていくことで、国際語と言われる英語を新たな視点から見つめることができます。

Pick up

多様な国際共通語としての英語?英語って1つじゃないの?

留学先での授業の様子

英語教育学科では留学は必修。留学先の教室は多国籍。学生は色々な人が話す「違う英語」に触れてきます。これも「国際語共通語としての英語」を考える大事な材料です!

keyword
グローバル人材・市民の育成
教育の国際化

グローバル社会で求められる資質・能力の修得および育成について考えます

英語教育学科髙城 宏行准教授

ゼミの内容を一言でいうと?

グローバルまたはグローカルに活動する人材・市民、もしくはそれらを育成する教育者を目指し実践的な学びを行います

グローバル化の進展や科学技術の発展により変化の激しい不確かな時代において、社会や経済界で求められるグローバル人材または21世紀型市民とはどのような資質・能力を備えた人々なのか、またそのような人材を育成するためにはどのような教育・学習が必要なのかについて考え、自らもそれらの資質・能力の修得を目指します。

ゼミの自慢は?

教室内外での主体的な研究および実務者との交流やフィールドワークなど実践的な学びを行います

学生それぞれの関心や問題意識に基づいたテーマを設定し研究を進めていきます。教室内での研究発表や意見交換の他、テーマに関係する国内外の機関や企業(例えば在東京の外国公館・国際機関やグローバル企業等)の担当者や大学関係者を訪問または本学に招き直接対話をして意見交換を行うなど実践的な学びを行います。

Pick up

グローバル人材・市民・ティーチャーとして世界を舞台に活動しよう!

ゼミ合宿@バンコク:現地学生と交流

多様な国際的な学修経験を積み、グローバル人材・市民・ティーチャーの素養を身に付けましょう。ゼミ生の希望に応じ、海外の大学生との国際共修(オンラインを含む)や国内外でのゼミ合宿の実施を検討します。

keyword
アメリカ文化
アメリカ社会

アメリカ文化の「アメリカらしさ」を考える

英語教育学科丹治 めぐみ教授

ゼミの内容を一言でいうと?

アメリカ文化の独自性と普遍的な広がり、私たち自身の生活や文化とのかかわりを考えます。

アメリカの社会と文化を研究するということは、他の国や文化にない特徴を明らかにすること。最大の特徴は、国家としての歴史の短さと、国土の広さ、そして多民族・多人種であるという点です。その特徴が生み出した文化の独自性を探り、日本社会に生きる私たちがそこから何を得られるかを探究します。

ゼミの自慢は?

地道にこつこつ読む・調べる・表現する。

他国の文化を知るには、その国の歴史を知ることが必要。歴史学のゼミではありませんが、ヨーロッパ人による植民地建設の経緯から始めて、アメリカ史の全体像を何とかしてつかみたい。地道にこつこつ文献を読み、調べ、プレゼンを繰り返します。

Pick up

コスモス祭文学部展では、テーマを決めて、ゼミで研究していることを展示発表します。

ゼミ展示の例

自分たちでテーマを決めるところから、作業が始まります。うまく協力できると、お互いのことをよりよく知る機会になり、充実した時間をすごすことができます。

keyword
国際観光
持続可能な社会

持続可能な社会のあり方を考える
―観光と社会の関係から―

英語教育学科中嶋 真美教授

ゼミの内容を一言でいうと?

観光と社会の関係性から持続可能な社会のあり方を探求する。

観光は今や単に産業としてだけでなく私たちの生きるさまざまな環境・社会に影響力を持ちつつあります。このゼミでは主に観光の側面から、「持続可能な社会をつくるためにはどんな取り組みが可能か」について研究しています。また、通年の活動を通じ、思考力、プレゼンテーションカ、コメントカを身につけることをめざしています。

ゼミの自慢は?

ゼミ旅行をゼミ生みんなで企画し、実践から学んでいます!

持続可能な観光形態とは何かを自分達で考え、ツアー計画(ゼミ研修)を立案、企画、実施します。ツアーに含まれる多様な側面をさまざまな立場で理解することの重要性を体感し、自分の経験が持つ意味や経験することの重要性について考察を深めます。

Pick up

ゼミ誌も作っています。

ゼミで制作している冊子

最終学期にはそれぞれの研究の集大成である論文を冊子にまとめて、人前でのプレゼンテーションだけでなく、文章による表現力の向上もめざしています。

keyword
英語学
言語獲得論

英語がどのような言語かを獲得過程も含めて多面的に研究

英語教育学科松本 博文教授

ゼミの内容を一言でいうと?

英語の仕組みや働きおよびその獲得メカニズムについて日本語等とも比較しながら研究しています。

文法や語彙を中心に英語の仕組みや働きがどのようになっているのか、またその獲得メカニズムがどのようになっているのかをさまざまな角度から研究しています。その際、日本語を中心とした他の言語とも比較することで、英語という言語の性質をより深く理解することをめざします。

ゼミの自慢は?

言語意識を高めて「当たり前」を見直し、研究する力を育てます。

言語は空気に似て「当たり前」の存在だけに、我々は日常生活の中で意識することなく使用しています。しかし、そこには多くの「?」が潜んでいます。言語学的な視点をもとに言語に対する意識を高め、「当たり前」を見直して研究する力を養成します。

Pick up

学びを深める横と縦の繋がりがあります。

仲間との横の繋がりによる日々の学びに加え、折に触れて英語教員や大学院生等の卒業生との交流を通した縦の繋がりによる学びの機会もあります。

keyword
言語
科学
人種・民族
搾取・抑圧

言語の違いがなぜ、どのように差別と関係しているのか

英語教育学科源 邦彦講師

ゼミの内容を一言でいうと?

指導教員は、アメリカ合衆国のアフリカ系奴隷子孫(一般にアフリカ系アメリカ人や黒人と呼ばれている人々)への(人種差別問題の一部としての)言語差別問題を専門としています。ゼミでは、人間社会におけることばのダイバーシティーに基づく差別・人権侵害問題全般を扱っています。

日本社会ではダイバーシティーということばが頻繁に聞かれるようになりました。ほとんどの場合ジェンダーを意味しているようですが、もちろん人間の多様性はジェンダ ーだけではありません。人種・民族、階級、年齢、職業など人間集団にはさまざまな分類法が存在します。各集団はそれぞれに特徴的なことばを使用する傾向にあり、特定の諸集団はそのことばの違いに基づいて経済的、政治的、社会的に差別され、簡単には差別や抑圧とは認識し難い方法で巧妙に人権を侵害されています(たとえば、「ノンネイティブ」と呼ばれる諸集団の英語と「ネイティブ」と呼ばれる諸集団の英語の関係、アメリカの黒人英語と白人英語の関係、メキシコ系アメリカ人のスペイン語と英語の関係)。当ゼミではまさにこのような問題を中心に扱っています。

ゼミの自慢は?

人種・民族、LGBTQ、若者などさまざまな集団が直面する問題を扱う学生が集まっています。

教員の研究テーマは特定集団の言語問題ですが、個々の履修生の興味関心に応じた研究が展開できるよう配慮しています。そして、将来的に企業に勤める場合でも、大学院でさらに学問的研鑽を積む場合でも、多くの場面で求められみなさんのキャリアにとって競争優位ともなる、社会調査の技術(インタビューやアンケート実施とデータ分析の方法)を、ゼミ研究、卒論研究を通じて身につけられる場を提供しています。

Pick up

人種差別はすでに過去のもの?

日本では、アメリカ合衆国のアフリカ系奴隷子孫コミュニティーに対する白人警察官による暴力問題がニュースで取り上げられことがあります。これまで見過ごされてきたあるいは軽視されてきた人種差別に対する世の中の意識が高まることは大変望ましいことではあります。しかしながら、ここにはより大きな課題が存在します。それは、白人警官による黒人殺害という誰にとっても容易に差別や抑圧と認識できる出来事のみを人種差別と解釈してしまい、とくに白人の大多数が人種差別を過去の問題として認識している(したがっている)という問題です。黒人コミュニティーばかりではなく、中南米系アメリカ人(白人を除く)、アジア系アメリカ人、ネイティブアメリカンなど、非白人諸集団が、現在でも、差別や抑圧とは認識し難いさまざまな差別にさらされているという現実が見落とされる傾向にあります。さらに残念なことに、勇気をもって人種差別への訴えを起こす人々を人種差別主義者として扱うという大変信じ難い風潮がとくに白人コミュニティーでは顕著です。この問題を対岸の火事のように考えている人が多いと思いますが、実は、日本社会、世界全体にも、同様の白人至上主義的な認識や行為が蔓延しているという事実にいったいどれだけの人々が気づいているでしょうか。

keyword
英語教授法
授業デザイン
授業改善

真のプロ教師を目指して、英語の授業を徹底分析します

英語教育学科村越 亮治准教授

ゼミの内容を一言でいうと?

英語の授業を徹底的に解剖し、そのさまざまな要素について研究します。例えば、学習到達目標、指導計画、指導方法、言語活動、教材、テスト、データの分析、学習動機、教師のbelief、授業における教師の言動 生徒のニーズ・達成感、授業改善の方法…などなどです。

ゼミの自慢は?

新しいゼミのため、先輩はいません。2022年度のみなさんが記念すべき第1期生となります。また、多くの中高の現場の先生方や教育行政機関とのつながりによって、調査、授業見学など、いろいろな面で研究協力が得られます。

Pick up

裏目標は、「授業の課題を認識し、客観的分析と的確な改善策によって、より良い授業実践を追い求める、 “Teacher as a Researcher”としての第一歩を踏み出すこと」です。

keyword
英語教育
英語力

理論と実践を架橋し、これからの英語教育を牽引する教員を目指します

英語教育学科森本 俊准教授

ゼミの内容を一言でいうと?

「先生、英語はどうやって勉強すればいいですか」という問いに、真正面から取り組みます。

この問いに答えるためには、「英語力」とは何かを説明する理論に加え、それを育むための授業(活動)デザイン力が求められます。本ゼミでは、特に文法力・語彙力・慣用表現力・音声表現力に焦点を当て、文献購読やマイクロ・ティーチングを通して上記の問いへの答えを探究します。また、自律的学習者(autonomous learner)の育成や動機付けについても研究を行っています。

ゼミの自慢は?

プレゼンテーションとディスカッションを通して英語教育について熱く語り合います。

先生や仲間とアカデミックなテーマについて語り合う時間は、大学時代の醍醐味のひとつです。ゼミでは、章ごとに報告者によるプレゼンテーションを行い、司会者のリードのもと全員でディスカッションを行います。学生主体のディスカッションは、時に教員が口をはさむ間もないほど白熱し、まさに主体的・対話的で深い学びの時間となっています。

Pick up

懇親会やゼミ合宿を通して絆を深めます。

森本ゼミでは、懇親会やゼミ合宿といった授業外で懇親を深めるイベントを積極的に行っています。2019年度は、栃木県日光市で1泊2日の合宿を行いました。学生からの企画提案も大歓迎です。

keyword
小学校英語
教員養成

激動する小学校英語や国際交流について考えます

英語教育学科米田 佐紀子教授

ゼミの内容を一言でいうと?

小学校英語をめぐるさまざまな疑問・難問に対する解決策に取り組んでいます。

小学校英語は「子どもたちが目を輝かせていれば成功」「小学校英語で文字を入れたら英語嫌いが増える」「二極化する」などの言葉が巷でよく聞かれます。子どもたちが英語を学ぶことが楽しいと思えて英語力・コミュニケーション力を向上させる方法はどのようなものでしょうか。これらの疑問を解決すべく文献研究と現場の両面から取り組んでいます。

ゼミの自慢は?

理論と実践を往還させ、思考力と実践力を磨く努力をしています。

卒論テーマで「小学校における言語活動」「発問」「小中連携」「リテラシー教育」「ICT活用」と多様で現代的なテーマに取り組んでいるところが自慢です。
英語を小学生に教えたい、小中の長期的な視点で学びたい、高校の先生になりたい、テーマ模索中など多様な学生が集まっています。文献購読と模擬授業だけでなく、学会や学習支援など積極的かつ自発的に参加し、新たな知識と疑問をゼミに持ち帰って共有し、全員で共に考えます。

Pick up

アメリカ人児童とのオンライン交流もしています。

国際教育センターの大谷センター長からのお誘いで、2021年度からアメリカのペンシルベニア州Wilkes-BarreにあるWilkes Universityおよび公立小学校とのCOIL(Collaborative Online International Learning)を始めました。アメリカの教員養成についてDr. Kimberly NiezgodaやDr. Suzanne Murray Galellaから講義の受講、5年生担当のMrs. Kara AnthonyのLanguage Artsの授業参観、また5年生への日本文化紹介授業など様々な取り組みをしています。

keyword
Literature
Film

Contemporary English literature and film

英語教育学科Philip J.L.Rowland教授

ゼミの内容を一言でいうと?

Language through literature; film adaptations of literature

In this seminar, students develop their language awareness and capacity for critical thinking, through studying film adaptations of contemporary poetry, fiction and drama.

ゼミの自慢は?

Study through English; expand cultural awareness

This seminar allows students to study through English (not just 'about' English), and to read, think and discuss more actively. They can also develop their appreciation of literature and film.

Pick up

The film adaptation of Kazuo Ishiguro's novel 'Never Let Me Go'

Never Let Me Go (the f ilm)

Students read the Nobel Prize-winning novelist Kazuo Ishiguro's 'Never Let Me Go', then watch, take notes, and discuss the film adaptation.

〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
Tel:042-739-8111(代表)

玉川大学入試Navi

ページトップへ